大学入学共通テスト(=新テスト)の第1期生です。
私立中学校・私立高校での生活、気づいたこと、興味があることなどをお伝えします。

◎中学受験の情報は、姉妹ブログをごらんください
[関西]カスタマイズ中学受験 〜最難関にこだわらなかった私達の場合〜
http://iitokodor.exblog.jp

カテゴリ:
高1の秋、私たちの目下の心配事は
「年内に、果たして文理選択はできるのか」
ということ。

中学受験についての別ブログ
でも何度か書いてきたような気がしますが、

娘のつむぎ(高1)は本の虫で、小説ばっかり読んでいます。

「お、今日は集中して勉強できているみたいだな〜」
と思って、手元を覗き込むと、ノートの上に文庫本。

電車の行きも帰りも、隙を見つければ本を開くという感じみたいです。


大人・・・特に母親になってからは、なかなか小説を読む機会はありませんでした。

それよりも子育て(教育)の参考になる本だとか、仕事に役立つビジネス書だとか、教養の本だとか、いわゆる「実用書」に走ってしまいます。短い読書時間、手っ取り早く役立つ情報を手にいれたいからです。ちょっと味気ないですね。笑


というわけで、最近はつとめて小説に触れるようにしています。

先日、つむぎから借りたのは以下の2冊。

物語のおわり (朝日文庫)



花の鎖 (文春文庫)

いずれも「イヤミスの女王」と言われる、湊かなえさんの小説です。
(つむぎは湊さんの大ファン)

2冊とも、短編小説集なのですが、本の最後でここまで読んできた小説がバシンとつながる(芯が通る)という痛快さがある作りになっています。

うーん、すごいな。見事です。
心震えますので、よろしければぜひ。


さて、つむぎには
「残酷な物語ではないこと(人が死なない)」
「イヤミスではないこと」
を条件に、次に読むべき小説を選んでもらっています。

本を進めてくれるときのつむぎは、実に生き生きとしていて
「おや?やっぱりつむぎは文系なのか?」
と思ったりもします。
本のテーマをしっかりつかむことができるようで、私の好みも合わせて的確な本をすすめてくれます。助かります。


物語が面白いのはもちろん、読書をするって贅沢な娯楽だなと思います。
(時間の使い方の話です)

家事やその他のことで時間をかけなければならない日には、読書はできません。

つむぎの場合、読書が習慣化できているポイントは
「テレビ」や「パソコン」がない環境
にある程度、身を置いているからのようです。

これらがあると、youtubeやSNSに流れてしまいます。だから、勉強机だとか登下校中だとか、テレビやパソコンなどの環境が整っていない場であれば、本に夢中になる。

ある程度、通学に時間がかかる状態でよかったのかもしれません。


つむぎには
「本が好きならば、文系にすれば?」
とすすめてあげることはまだできないのですが(理系クラスで勉強していることだし)、
いろいろと考えて、文理選択をしようと思います。

んー。悩ましいです!

↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

【国立大学】ユーモアのある大学グッズは素敵!行ったらぜひ手に入れたい!

カテゴリ:
夏休みに見に行った大学での戦利品を紹介します。

こちら!
s_handai

じゃじゃーん!!
阪大グッズでーす。


上の左から
・阪大薫る珈琲(理学部レンド)
・阪大薫る珈琲(薬学部レンド)
・大阪大学ワニ博士の頭脳グミ
・阪大飴

もっとたくさんの種類がありました。

お気に入りは「頭脳グミ」。
UHA味覚糖とのコラボ商品だそうで、ハード(固め)の食感です。
これがとーっても美味しいんです!

「レポート集中時に」
「論文 集中時に」
「スマホ集中時に」
とかかれているのも素敵。


写真にはありませんが、阪大生が考えた阪大生のための消しゴム
「阪大ラバー」
のアイデアもとっても素敵!

阪大消しゴムは1つ180円、全11色です。

赤は人間科学部、青は理学部、緑は医学部など、学部ごとカラーが決められています。
阪大生協のポップには
「他の学部の人と友達になりたいときに、消しゴム交換で自己紹介を」
といったことが書かれていて、吹き出しました。笑

詳細はこちらです!(2018年8月現在 阪大生協に移動します)


大学に行くたび、大学グッズを買うのが楽しみです。
なんだか大学そのものに愛着がわいてくるんです。

また面白いものがありましたら、紹介させていただきます!

こんな人がいるからおもしろい!
生協の白石さん


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

8月某日、つむぎと大学のオープンキャンパスに行ってきました!

あわよくばつむぎの志望校に加えられれば、と思っている大学なので、このチャンスを活かさねば!と密かに思っていたりして。(娘に悟られたら台無し。あくまでさりげなく)

私自身は地方出身で、地元には大学そのものがほとんどなく、またそのほとんどが理系だったため、大学を見に行くチャンスがなかなかありませんでした。
受験当日まで、その大学を見たことも、大学の学生や職員の方に話を聞いたこともない状態で受験することに、何の疑問もありませんでした。
みなさんはどうでしたか?



さて。
今回のオープンキャンパス、つむぎは友達と一緒一度来たことがある大学でした。

先日きいた感じでは、はじめて参加した大学祭は驚くことばかりで、想像以上にはっちゃけていて、とても楽しかったとか。

よしよし、大学の印象は上々です。
がんばって大学生になったら、こういう生活がいくらでもできるからね。


一度来たことがあるということで、今回は、つむぎにエスコートをしてもらう形でオープンキャンパスに参加することにしました。

大学までのアクセスも、構内の建物も、訪問時の記憶と事前調査であらかた頭に入っているようで、とても頼もしく感じました。

「次、こっち行ってもいい?」
とか自分から指し示してくれるのが、とてもうれしい。

途中、クラスのお友達とばったり会い、どこに行っただの、これからどこへ行くだの情報交換をしていたのも印象的です。


主体的に調べ、行動することで、この大学への愛着がアップしてくれたいいな〜と、ちょっと期待しています。


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×