大学入学共通テスト(=新テスト)の第1期生です。
私立中学校・私立高校での生活、気づいたこと、興味があることなどをお伝えします。

◎中学受験の情報は、姉妹ブログをごらんください
[関西]カスタマイズ中学受験 〜最難関にこだわらなかった私達の場合〜
http://iitokodor.exblog.jp

高校のオンライン授業が始まり、午前中はパソコンに向かっているであろうつむぎ。
「あろう」と書いたのは、私がテレワークで別部屋にこもっているため、様子がわからないのです。

つむぎの方が私に比べ、あっとう的に画面をみている時間は少ないはずなのですが、肩がこるだの、目が疲れただの、やいのやいの言っています。 やっぱり慣れないことは疲れるんでしょうね。

サプリメントが欲しいなーとか言われてしまうと、うーん、ま、仕方ないか。と買ってしまうのは甘やかしすぎなのでしょうか。 

朝昼晩、私が作るものを食べているのですから、 食事面はなんとかするとして、後は健康がやっぱり心配です。ヨガマットを敷いてYouTubeを見ながら日中、運動しているようなのですが、それもやっているところを見るわけではないので・・・

って、テレワークでも全然接点がないものだなあというのが私の感想です。


つむぎには、仕事のことはざっくりとしか話したことがないのですが、テレワークで少し印象が変わったようです。普段は残業をしてきても「何だかお母さんは遅くまで仕事をしている」くらいの印象だったと思うのですが、最近では洗濯物を取り込んで畳んで置いてくれたり、ランチのお皿を片付けておいてくれたりと、色々と気遣ってくれるようになりました。本当にありがたいです。

こんな生活が、いつまで続くかわかりませんが、お互いの空気をかすかに感じながら自分の職務をまっとうする、そして娘に影響を受けて与えるというのもなかなかいいものだなと感じます。
 

今年に入ってから4ヶ月ほど、点数がなかなか伸びなかった物理、化学を集中的に勉強してきたつむぎ。化学はまだまだですが、物理は
「得意ではないし、理解するまでに時間はかかるけれど、やってやれないことはない」
という気持ちに変化してきたようです。

担任の先生からから提出したノートの出来を大いに褒められ、調子にのっただけなのかもしれませんが、この変化は大いに喜びたいです。


今日は英語を中心に、勉強を進めていました。
実は先日、担任の先生から
「英語、、、もがんばってくださいね」
と言われてしまい、私からもチクチク言っていたのです。

 つむぎは
「もうーわかってるって。先生もいっつも英語っていうの」
と苦笑い。今のところ、成績でどうのこうのということはないのですが、英語にかける勉強時間が少ないのでは?というのが先生からのご指導でした。

いつかやるかな。と思い、そのまま放って置いたところ、
昨日は単語、今日は英文法と英作文と、教材を変えて取り組んでいました。よしよーし!

つむぎは1教科1教科、集中してやっていきたいという考えの模様。
ちゃんと考えてくれているのかな、と思います。 

最近、勉強の相談をしている卒業生のセンパイと、Skypeで1時間ほど話をしていた本日のつむぎ。
学校のオンライン授業開始には間に合わなかったけれど、ようやくウェブカメラが届いたこともあり、早速先輩と話してみることにしたようです。

友達と会いたい、喋りたい、というつむぎに
「試しにSkype繋いでみたら?」
といったのは私でしたが、もう私が知っている機能、使える範囲を軽々超えて、サクサク使いこなしています。画面共有?それ何?教えて!という感じです。

センパイは 大学2回生で、学校の内部システムでオンライン授業を受け始めたところなのだとか。
つむぎからのSkypeの提案に
「スカイプ?やったことないけど、試してみたい!」
とノリノリで、すぐに時間をとってくださったのは本当にありがたかったです。

つむぎは最近始まった学校のオンライン授業のことを話し、模試までに何をやったらいいか具体的な相談を受けた模様。 先輩に話を聞いてもらうことで、自分がまだ足りていないのか、自分の不安は思い過ごしなのかなど、いろんなことが一つ一つ整理されていくようです。

学校や塾に行くことができず、また兄や姉がいないつむぎにとって、オンラインの繋がりも受験対策の一つになりそうです。 

つむぎの父が注文しておいた「ウェブカメラ」が到着しました!
学校のオンライン授業にはスタートには間に合わなかったけれど上々です。ありがたい!

早速、つむぎのパソコンに繋ごうとしたところ、USBポートがいっぱいというピンチに。
マウス、ヘッドセットなどいろいろと使っていると、あっという前からにオーバーしてしまうんですね。父親が使っているUSBハブを一時的に借りて、無事につなぐことができました。→結局、彼が自分のものを新たに注文することになっていました。

幸い、比較的お手頃のものが注文できたので、画質はほどほどなのかなと思っていたのですが、なんのなんの、とってもクリア。問題なく使えます。

学校の授業では、まだ自分の顔出しをする友達はほとんどいないようなのですが、この生活が長引けば、もしかしたら面談など、ウェブカメラを通じてやる日が来るのかも。
高3がこんな感じで始まるだなんて全然予想外でしたが、どんどんウェブなしでは生活できなくなってきたなと感じます。ついていかなきゃですね。

 

一足先に、オンライン授業が始まったつむぎの学校ですが、ようやく学年登校日がやってきました。

久しぶりの教室、友達。そして先生。
密集はダメだから、どんな風になるんだろう?と思っていましたが、教室が突然広くなるわけでもなく、クラスメンバーも変わらない(つまり人数は同じ)。ただ事前に先生方がギリギリまで机同士を離してくださったんだろうな、という努力のあとを感じたそうです。先生方のお心配りに感謝です。

つむぎは通常、バスと電車を乗り継いで学校に向かうのですが、私たちがテレワークの間は最寄り駅まで車で送り迎えをすることにしました。
最寄り駅からは電車ですが、以前に比べてまだ空いていたよ、とのことでした。

それから、マスクが本当に暑かった!とのこと。そうですよね、花粉症でマスクをするのは慣れているからといって、5月半ばにしていることは無かったのですから。

これから何回か、学校の登校日が指定されていますが、この生活にもだんだん慣れていくのかなあと不思議な感じです。 

このページのトップヘ

見出し画像
×