大学入学共通テスト(=新テスト)の第1期生です。
私立中学校・私立高校での生活、気づいたこと、興味があることなどをお伝えします。

◎中学受験の情報は、姉妹ブログをごらんください
[関西]カスタマイズ中学受験 〜最難関にこだわらなかった私達の場合〜
http://iitokodor.exblog.jp

カテゴリ:

現在、つむぎは週1回、中高一貫校用の授業がある塾で、数学と英語を習っています。
4月からはいよいよ高校コースに進級です。

国立・公立・私立さまざまな高校生が一緒に学ぶことになるので、少し緊張します。
ついこの間まで、緊張感をもって高校受検に挑んでいた同級生たち。勉強への集中力も相当なものでしょう。

私立中学で高校の内容を先行で学んでいたとはいえ、油断していたらあっという間に先を越されてしまいそうです。がんばらなければ。


先日、高校コースから生徒台帳が配布されました。
緊急連絡先や通学所要時間、志望大学などを記入して提出します。

さくさくと書き進めていたつむぎの手が、ある一点でぴたっと止まりました。

「え、特技?何かあったっけ?」

生徒台帳に趣味と特技の欄があるなんて、想定外でした。


確かに特技って難しいですね。
だいぶ長いあいだ、うーんうーんと考えていましたが

「あ!あった! 暗算だ!」

と大喜びで書き込んでいました。

ホッとしたのは私も同じ。
私には何の特技もない…と思うことは、大人でもとても辛いことだからです。

------------------------------


最近、さまざまな分野のトップランナーが、堂々と「自分はこれができます」と話していらっしゃるのを見かけます。

トップランナーですから、その分野で活躍し、皆の憧れとなっているのですが、専門ではない分野についても「これができる」と堂々と話をされます。

堂々と私はこれができます、という姿は見ていて清々しいし、とてもかっこいいなと思います。
私はとても好きです。


例えば「計算が得意なんです。珠算2級を持っているんですよ。」とおっしゃったとします。

珠算2級だったら持っているよ、とおっしゃる方はたくさんいることでしょう。
中には特技って言えるほどのことなの?と笑う方もいるかもしれません。

けれどそんな雑音はどうでもいいのです。

「私はこれが得意。
 だからこれが私の特技。」

このシンプルな考えです。
他人より優れているから特技なんて決まりはどこにもない。


堂々とされている人たちがいる一方で、まわりの声を気にして自己表現ができない(自信をなくす)って残念ですよね。私もこちらの考えをしてしまいがちなのですが…


つむぎには、自己肯定感を高くもってほしいと願っています。

親バカと言われても、どんどんおだてていきますよ!(笑)

カテゴリ:

最近、つむぎから教わることが増えました。

中でも驚いたのが、YouTubeは画質が変えられるということ。
これって常識なのでしょうか?
(はずかしながら、全く知らなかった…)


いつの間にかSNSを使いこなしているし、YouTubeの公式チャンネルで、海外アーティストのミュージックビデオを楽しむ。

「これってイヤホンで聴いた方がいいよ。臨場感、半端ないから」
だなんて、一丁前にすすめてくる。

学校の友達に教えてもらった情報を持ち帰っては、私に還元してくれます。


タブレットやパソコンを少し長くいじっているつむぎの姿をみると

(そんなことよりもやることあるでしょ?)

と言いたくなることもありますが、彼女から知らなかった機能や便利なアプリなどの教えてもらうようになってからは、ある程度、大目にみるようにしました。


教えてもらったら自分も試してみたいでしょうし、いろんなことに興味をもち、新しい技術や世界のいいところを柔軟に取り入れられる人間に育って欲しいからです。

何事もけじめは必要なんですけどね。
ここの舵取りが難しい…

カテゴリ:

中学校学習指導容量で必修とされている武道・ダンスの授業。

つむぎの通う女子校ももちろん例外ではなく、柔道の授業がありました。

自宅でぼんやりしていると、たまに柔道技をかけてくるので困ります。
私は受身が取れないんだから、足をすくわないで!


ダンスは通年授業があり、たまに習ってきたステップを自宅で披露してくれます。
(恥ずかしいのか、父がまだ帰ってこない時間帯に見て見て!と言ってくる…)

つむぎのダンスをみていると、時々
(あれ?このステップ知ってるぞ)
と思うことがあります。

つむぎの前で軽く踊ってみると
「わー、お母さんなんで知ってるん?」
とびっくりされることがあります。

私とつむぎ、年齢差27。
私も中高一貫の女子校出身。週1回、ダンスの授業がありました。
27年の時を超え、同じステップを娘が踊っているということなんですよね?びっくり!

思わぬ共通点に、親子で笑ってしまったできごとでした。

カテゴリ:

友達とどうしてこの学校に来たの?という話をしていると
「将来、やりたい仕事があったから」
と言われることが多いそうです。

具体的な仕事としては、やはり「医師」がダントツ。
薬剤師がそれに続きます。

つむぎは医療系には興味がないようなのですが、同じ内容を一緒に勉強できる環境にいられてよかったなと思います。

理系から文系への転向の例は聞きますが、逆(理系への転向)は大変厳しいとききます。
将来どちらに行くかはわかりませんが、可能性があるうちは、理系科目もしっかりと勉強しておいてほしいと思います。



医師・薬剤師を目指す友達の話を聞いていると、お父様がお医者様だったり、お母様が薬剤師さんだったりと、医療に携わっているご家庭が多いようです。

また、ご兄弟が医学部に通っている(または高校生で、医学部を受験すると言っている)といった友達もたくさんいます。

ある程度、「環境」というものが大事なのかな?と思います。

頭脳や家業(代々、お医者さん等)といったものではなく、それらの世界が身近にあると、自然と興味を持つようになるのかもしれないな、と思います。


我が家は医療とは全然関係のない仕事をしていますが(ふたりとも会社員)、つむぎは毎日の学校の勉強や友達との会話から、目指してはいないものの、それほどに遠い世界とは思っていないようです。

友達からの影響も大きいんだろうなと思います。

先日も医療ミステリーの文庫本を読んでいて
「え?こういうことにも興味があるの?」」
とびっくりしてしまいました。

普通の小説だよ、とつむぎは言っていましたが、私にはわからない用語ばかりでした。

カテゴリ:

今年もやってきました、バレンタインデー。

甘いもの大好きなお年頃、お菓子の交換で一日中大盛り上がりです。

お世話になっている先生方にも、毎年プレゼントをしています。
注:どんなお返しがいただけるか、娘たちは興味深々です。先生方、プレッシャーをかけてしまって申し訳ありません!


手作りor購入の割合は、だんだん購入派が増えているかなという印象です。
特に今年はインフルエンザが大流行していますので、手作りの人は少ないんだろうなと思います。
(つむぎも手作りは断念)


いつも仲良くしてくれている友達に、いつもありがとうの気持ちを込めてお菓子を渡すのが、女子校のバレンタインデー。とにかく数多く用意することが大切です。

高価なものだと費用がかかって負担になってしまうので、キットカットやカントリーバウムなど、大袋入りのチョコレートをまぜるなど、みなさん工夫されています。

学校のカラーなのかもしれませんが、つむぎの学校は、お金に対しての考え方がしっかりしている子が多いと思います。つむぎも含め、節約上手が多くて安心です。

ラッピングはキッチンキッチンやセリアなどのお店で材料を安く買い、お手製カードを用意する等かなり凝っています。


彼(つむぎの父)は、男友達にチョコレートをあげる心配がないことを、内心喜んでいるみたいですが…(男親ってこういうものなんでしょうね〜。笑)

みなさんにも素敵なバレンタインデーが訪れますように。

このページのトップヘ

見出し画像
×