カテゴリ:
7/25の新聞に、大学入学共通テスト(=新テスト)で導入される、英語の民間試験について、文部科学省があらたに発表した方針についてまとめられていました。

英語の4技能「読む、聞く、話す、書く」の実力を図るため、民間試験の活用がはじまることは周知のとおり。

これまで「高校3年生の4月から12月の間に受けた2回までの成績を使える」と発表されていたのですが、追加として「浪人生は、前年度を含めた4回分を認めることにした」とのことでした。

新テスト第1期生となるつむぎたちの学年の場合、おそらく英語の民間試験も高3の4月はじまるため、浪人生との条件の差はおきません(全員が2020年4月〜12月に行われた試験から、2回分の結果を使うことになるため)

ただ、1学年下からは現役生と浪人生で試験結果を使えるものに差が出てくると思うと、ちょっと複雑な気持ちになるかもしれないなと思います。


つむぎが中学に入学した当初、英語の民間テストの話はまだはっきりと出ていませんでした。
そのため、中学生のうちに英検にがんばって挑んで多少高校で楽をしよう、と学校の先生からご指導がありました。中学生のうちに2級まで取得できたのは、よかったなと思います。

ただ、これらの結果は新テストでは評価してもらえません。
なーんだ、急がなくてもよかったかも?という気持ちもしないでもないですが、平等にしたいから、ということであれば納得できます。

全てが民間試験の結果だけで決まるわけではないというものの、繊細なところなので、丁寧な説明が必要かなと思います。



↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村