カテゴリ:

夏休みの勉強といえば、宿題と夏期講習。

つむぎは高校の講習に加え、大手予備校の夏期講習(英語)に申し込みました。
予備校の夏期講習は5日だけなので、それほど負担なさそう。

高校の講習はそろそろ終盤ですが、
「容赦ないわー。ほんとに。」
と連日ぎゅーぎゅー詰めのスケジュールに苦笑いしています。
普段の授業とそんなに変わらない生活をしている感じです。
(先生方も熱いご指導ありがとうございます!)


大手の予備校からは、大量にご案内をいただきました。
高校の講習は、夏期休暇中なので欠席というペナルティはないらしく、旅行や用事で数日お休みをされる子もけっこういるのだとか。

ただ我が家は
「学校第一」
の方針なので、

1)学校の講習
2)予備校の夏期講習(学校の講習が入っていない日に)
3)大学のイベント(オープンキャンパスなど)

の順に、無理のない範囲で予定をたてました。


予備校の夏期講習は、英語、数学、現代文、古文、物理・・・といろんな講座があり、どれもとても面白そう!
ご案内の冊子がよくできているのかもしれませんが、受けておいたら絶対に得になるんだろうな、と思ってしまいます。むしろ、受けなかったらまずいのでは?と思ってしまうほど。


ただ、消化不良になるのは目に見えているので、予備校での受講は1教科のみに抑えました。

苦手でも得意でもない、英語。
物理などの理科の科目は、高校のテストなどを復習して定着させることを優先。
好きな数学は、自分ですすんでやるだろうと判断して受講せず。
国語系の科目は、学校の講習スケジュールに当たってしまい、受講できませんでした。


中学受験の時もそうでしたが、怖いのは
「なんとなく受けなければならない気持ちにさせられて、予定をぎゅーぎゅーにしてしまうこと。消化不良を起こして自信を失うこと。」

余裕を持ってスケジュールをたてたことで、学校と塾のはしごをしなければならないといったハードな日はなくなりました。

あとはだらけさせることなく、ほどほどのやりがいをもってがんばってもらうだけです。
さて明日からどうなることやら。

2学期のスタートが楽しみです。

↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村