カテゴリ:
高1の秋、私たちの目下の心配事は
「年内に、果たして文理選択はできるのか」
ということ。

中学受験についての別ブログ
でも何度か書いてきたような気がしますが、

娘のつむぎ(高1)は本の虫で、小説ばっかり読んでいます。

「お、今日は集中して勉強できているみたいだな〜」
と思って、手元を覗き込むと、ノートの上に文庫本。

電車の行きも帰りも、隙を見つければ本を開くという感じみたいです。


大人・・・特に母親になってからは、なかなか小説を読む機会はありませんでした。

それよりも子育て(教育)の参考になる本だとか、仕事に役立つビジネス書だとか、教養の本だとか、いわゆる「実用書」に走ってしまいます。短い読書時間、手っ取り早く役立つ情報を手にいれたいからです。ちょっと味気ないですね。笑


というわけで、最近はつとめて小説に触れるようにしています。

先日、つむぎから借りたのは以下の2冊。

物語のおわり (朝日文庫)



花の鎖 (文春文庫)

いずれも「イヤミスの女王」と言われる、湊かなえさんの小説です。
(つむぎは湊さんの大ファン)

2冊とも、短編小説集なのですが、本の最後でここまで読んできた小説がバシンとつながる(芯が通る)という痛快さがある作りになっています。

うーん、すごいな。見事です。
心震えますので、よろしければぜひ。


さて、つむぎには
「残酷な物語ではないこと(人が死なない)」
「イヤミスではないこと」
を条件に、次に読むべき小説を選んでもらっています。

本を進めてくれるときのつむぎは、実に生き生きとしていて
「おや?やっぱりつむぎは文系なのか?」
と思ったりもします。
本のテーマをしっかりつかむことができるようで、私の好みも合わせて的確な本をすすめてくれます。助かります。


物語が面白いのはもちろん、読書をするって贅沢な娯楽だなと思います。
(時間の使い方の話です)

家事やその他のことで時間をかけなければならない日には、読書はできません。

つむぎの場合、読書が習慣化できているポイントは
「テレビ」や「パソコン」がない環境
にある程度、身を置いているからのようです。

これらがあると、youtubeやSNSに流れてしまいます。だから、勉強机だとか登下校中だとか、テレビやパソコンなどの環境が整っていない場であれば、本に夢中になる。

ある程度、通学に時間がかかる状態でよかったのかもしれません。


つむぎには
「本が好きならば、文系にすれば?」
とすすめてあげることはまだできないのですが(理系クラスで勉強していることだし)、
いろいろと考えて、文理選択をしようと思います。

んー。悩ましいです!

↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村