つむぎは現在、大手予備校に週2回通っています。
教科は英語と数学。中学受験の頃にお世話になった「Z会 の教室」の近くにある教室に通っています。

▼ 高校とはまるで違う方向なのですが
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
予備校は、高校の通学路にかかっていないどころか、自宅を通り越して反対側に行くような感じで、平日に通うのはとても大変。高校の近くであるとか、せめて通学中に通りかかるターミナル駅にある予備校に通えばいいと思うのですが、わざわざ定期外の塾を選びました。

▼ 庭というか、なんというか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つむぎにとって現在通っている塾のある地域は、慣れ親しんだ場所であり、中学受験を成功に導いてくれた縁起のいい場所。ほっとするようです。私たちも中学受験時代から通っていた場所なので、つむぎの授業が終わるまで近くの喫茶店で本を読んでいたりなど、くつろぎやすい場所ではあります。でも、通うのは大変なんだろうな・・・

▼ 大問題発生。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高2講座を決めるにあたり、ある問題が発生しました。
それは予備校の授業の開始時間が早すぎて、学校が終わってから大急ぎで行っても間に合わないということ。予備校の授業は途中入場ができませんので、遅刻となるコマは全部参加できないということ。休憩時間を挟んだ後半の授業は出ることができるとしても、半分無駄にするわけですからもったいないことこの上ありません。


▼ 居心地だけでは決められず
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つむぎには、自分が受けたいと思う授業を自分で決めるように言っていました。学校の授業終了時間、そこからの移動時間、いろいろと考え随分悩んでいましたが、最後には
「校舎をもう一つ増やす」
と決めました。大手予備校なので付近にはいくつか校舎があり、別校舎の受講も認められているので問題ありません。

あとはあんなに「庭」(中学受験だった時の拠点)にこだわっていたつむぎのこと、気持ちの整理はついたのか?と思ってましたが

「そうだねー。そりゃ今の校舎で全部受けられたらよかったけれど、そうも言ってられないでしょ。」
とのこと。実にあっさり。まあ、そうですよね。


▼ 高2が楽しみ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
というわけで、高2の講座はこれでひとまず決定。
新しい校舎、新しい先生、もう一つ勉強する場が増えるわけですが、きっとあっという間になれるんだろうなと思います。楽しみです。