アーカイブ

2018年08月

【国立大学】ユーモアのある大学グッズは素敵!行ったらぜひ手に入れたい!

カテゴリ:
夏休みに見に行った大学での戦利品を紹介します。

こちら!
s_handai

じゃじゃーん!!
阪大グッズでーす。


上の左から
・阪大薫る珈琲(理学部レンド)
・阪大薫る珈琲(薬学部レンド)
・大阪大学ワニ博士の頭脳グミ
・阪大飴

もっとたくさんの種類がありました。

お気に入りは「頭脳グミ」。
UHA味覚糖とのコラボ商品だそうで、ハード(固め)の食感です。
これがとーっても美味しいんです!

「レポート集中時に」
「論文 集中時に」
「スマホ集中時に」
とかかれているのも素敵。


写真にはありませんが、阪大生が考えた阪大生のための消しゴム
「阪大ラバー」
のアイデアもとっても素敵!

阪大消しゴムは1つ180円、全11色です。

赤は人間科学部、青は理学部、緑は医学部など、学部ごとカラーが決められています。
阪大生協のポップには
「他の学部の人と友達になりたいときに、消しゴム交換で自己紹介を」
といったことが書かれていて、吹き出しました。笑

詳細はこちらです!(2018年8月現在 阪大生協に移動します)


大学に行くたび、大学グッズを買うのが楽しみです。
なんだか大学そのものに愛着がわいてくるんです。

また面白いものがありましたら、紹介させていただきます!

こんな人がいるからおもしろい!
生協の白石さん


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

8月某日、つむぎと大学のオープンキャンパスに行ってきました!

あわよくばつむぎの志望校に加えられれば、と思っている大学なので、このチャンスを活かさねば!と密かに思っていたりして。(娘に悟られたら台無し。あくまでさりげなく)

私自身は地方出身で、地元には大学そのものがほとんどなく、またそのほとんどが理系だったため、大学を見に行くチャンスがなかなかありませんでした。
受験当日まで、その大学を見たことも、大学の学生や職員の方に話を聞いたこともない状態で受験することに、何の疑問もありませんでした。
みなさんはどうでしたか?



さて。
今回のオープンキャンパス、つむぎは友達と一緒一度来たことがある大学でした。

先日きいた感じでは、はじめて参加した大学祭は驚くことばかりで、想像以上にはっちゃけていて、とても楽しかったとか。

よしよし、大学の印象は上々です。
がんばって大学生になったら、こういう生活がいくらでもできるからね。


一度来たことがあるということで、今回は、つむぎにエスコートをしてもらう形でオープンキャンパスに参加することにしました。

大学までのアクセスも、構内の建物も、訪問時の記憶と事前調査であらかた頭に入っているようで、とても頼もしく感じました。

「次、こっち行ってもいい?」
とか自分から指し示してくれるのが、とてもうれしい。

途中、クラスのお友達とばったり会い、どこに行っただの、これからどこへ行くだの情報交換をしていたのも印象的です。


主体的に調べ、行動することで、この大学への愛着がアップしてくれたいいな〜と、ちょっと期待しています。


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

カテゴリ:

常葉大菊川高校の高橋利和監督による「ノーサイン野球」が、高校野球ファンの間で話題になっています。

前任の森下監督は、センバツ優勝、率いた学校が8度の甲子園出場など、県内屈指の名将。
30代前半の高橋監督は、後任のプレッシャーをはねのけ、引き継いで2年で夏の甲子園出場を果たしました。すごいです!

選手から「トシさん」と呼ばれていることからもわかるように、選手達と距離がとても近い高橋監督。

攻撃面では「自分の判断で打ったり、盗塁した方が成功率はあがる」という考えから、監督がバントや盗塁のサインを一切ださないという「ノーサイン 野球」を徹底。見事、第100回夏の甲子園の初戦を1点差で突破しました。

これはファンになりますね!これからも注目です。


ーーーーーー

2018年サッカーW杯ロシア大会日本代表の西野前監督、そして新生日本代表の森保一新監督。

戦術に違いはあるものの、報道を見ている印象ではいずれも選手との距離がとても近いような気がします。

選手とのコミュニケーションを密にすることで、思いや悩みをくみとり、また、自分の戦術を誠実に説明し、理解を求める。互いの矛先がズレていないか常に確認をすることで、信頼感が高まり、チームとしてのまとまりが出るんだろうなと思います(あくまで私の推測です)。


となると、先の常葉大菊川の「トシさん」も同じく、上から押さえつけるというよりは、選手・プレイヤーが今どんな状態でどのような精神状態にあるのか、不安や迷いはないかをよく観察し、寄り添うことが指導者として一番大切なことで、力を引き出せるコツなのかもしれません。

中学受験を目指していた小学生時代とは異なり、自分の主義主張もはっきり見えつつある「大人ちょっと手前」の我らが子供達。

コーチングという言葉はあまり得意ではありませんが、気がつけばいつもいてくれたよね、といつか子供に言ってもらえるような、さりげなく力を引き出せる親を目指したいなと思います。


<参考>
プロフェッショナル仕事の流儀 第302回
ぶれない信念が、勝利をつかむ
プロサッカー監督・森保 一

人生に響くインタビューマガジン キクマガ
Vol.139 森保 一(podcast インタビュー音声です)

勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント


プロサッカー監督の仕事 非カリスマ型マネジメントの極意


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

カテゴリ:

梅田の「MARUZEN&ジュンク堂」が好きです。

地下1階〜7階まで、本がびっしりという夢のような空間!
ワクワクしますよね。

先日、つむぎと一緒に7階の参考書コーナーへ行ってきました。

ここは中学受験の頃、しょっちゅう来ていたフロア。
どうやったらわかりやすく教えられるんだろう?と、何冊も何冊も本を購入したことを覚えています。
親子で乗り越えた体験談なんかも、参考になりました。がんばってたな〜


この日の目的は、螢雪時代のバックナンバー。
面白そうなものがあれば参考に買ってかえろうと思っていたのですが、同じ書棚に

「勉強法」

の本がずらり。

これは面白そうだと思い、何冊か目を通させていただきました。


ここでおどろくのが
「東大」
のブランド力。

受験成功者が語る勉強法の本が数十冊単位で並んでいるのですが、
「東大」
のタイトルばかりで、他の大学のものがほとんど見当たらないのです。

参考にするのであれば、成功への一番の近道を知っている人たちに聞きたいというのが一般的な感情なのかもしれませんね。

他には医学部突破のための勉強法などもたくさんありました。


かくいう私達は、京大芸人でおなじみのロザンのお二人の話が好きです。

参考書コーナーにあまり来たことのないつむぎでしたが、
「この本、ロザンの宇治原さんがすすめていたんだけど、買ってもらってもいい?」
と自分から本を探してきました。

もっといろんな人の話も読んでみたいですね。


↓ロザンの菅ちゃんは、読みやすい文章を書くなあと思います♪
身の丈にあった勉強法


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

カテゴリ:

大学のオープンキャンパス初参加!
高1の夏、いよいよ大学受験に向けて動き出したなあという感じがします。ドキドキです!


大学のオープンキャンパス、親も同伴した方がいいのでしょうか?
みなさんはどう思われますか?

事前に調べてみたところ、いくつかの大学(学部)では

「保護者、同伴者、いずれも入場不可(受験を予定している学生のみ参加可能)」

と明記されていました。

調べておいてよかった!一緒についていくところでした。汗


高校生ともなれば、親よりも自分自身の判断の方が正確なのかもしれません。

保護者同伴不可のところは、国立大学や医学部など、志願者が殺到しそうなところが多かったように感じます。
医学部などもそうですね。

予約が必要なところも同じく、希望者が多いということなのでしょう。(会場の都合もあるかもしれません)


つむぎは高校の友達と二人で参加。

中1の頃から一緒で、互いに見たいところ、やりたいことを気兼ねなく言えるようで、親が一緒に行くよりも動きやすかったのかも。一緒に行動するメンバー(親なり友達なり)はとても大事です。

3つの理系学部の説明を聞くことができたようです。

それぞれの専門分野の解説も興味深かったようですが、男女比、学年が進むにつれてどんな生活をしているか(1回生で一般教養をとってしまえば、2回生は自由。3回生のうちに海外に行って、4回生は研究や院進学の準備・・・)など、具体的なイメージができる話をたくさん聞けたようで、充実の1日になったと話してくれました。

また、友達が行きたかった説明会に同席することで、知らなかった学問に興味をもったり、こういう仕事もありかもと考えるきっかけになったようです。


私も行きたかったなあと思いつつ。
子供達同士だからこそ、大人の思惑なしで素直に楽しめたんだろうなと思います。

子供同士でも収穫の多いオープンキャンパス。
これからも気軽にGO!GO!です。




↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×