アーカイブ

2018年10月

最近、つむぎと
「何学部が気になるか?」
という話をよくします。

志望学部って、いつ頃決める(または決まる)ものなんでしょうか?
みなさん、どうやって決めているのでしょうか?


▼ 仕事をイメージして学部を選ぶ時代
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
情報を収集していると、将来の仕事をイメージして大学や学部を選ぶという声をよく見ます。

私が高校生だった当時は、まず大学名ありき。
河合塾や代ゼミなどの偏差値表を見比べながら、どうしても興味の持てないものを外して、複数学部を志望する、という形でした。

まわりにほとんど大学がなかったので、
「聞いたことがあって、親でもわかる大学」
という視点も大切でした。

今は、将来なりたい仕事から大学を選ぶ、というのが王道のようですね。
私が特殊なケースだったのかもしれませんが。


▼ とりあえず教員、は時代遅れ?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どの学部にせよ、専門分野の教員資格をとるという選択肢は検討していいと思います。

つむぎには、特に行きたいと思うところがないのなら、教員も選択肢にいれてごらんと言うのですが
「うーん、学校の先生は興味ないかな」
と苦笑い。教育学部にもさっぱり興味がないと言います。

じつにもったいない!
せっかく学ぶのが好きで、知識をいっぱいつめこんだのだから、教員になってそれをいかしたらいいのに。
と思うのは親のエゴですね。

学校の先生は大変というイメージがあるようです。


▼ 国公立は教育大学があるのになあ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特にこの大学に行って欲しい、この学部を推したいというものはないのですが、できれば国公立大学に進学して欲しいと思っている私たち。

そうなると、国公立には教育大学が多いことから、
「選択肢のひとつに残してくれればなあ」
と思ってしまうんですよね。

教育大学を外すとなると、だいぶ選択肢が少なくなるなあというのが心配の種です。


▼ 焦らず、すり合わせをしていこうかな
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まだ具体的な目標を探し始めたばかり。
あせらず、マイペースでやっていこうと思います。

カテゴリ:
定期考査真っ最中のつむぎが

「どうしよう。この問題、全然わからん」
と泣き顔でやってきました。

あー。化学かあ・・・。


聞けば、授業の時もなんとなくわかったようなわからないような・・・で、
そのままにしてしまったとのこと。

曖昧だったことをすっかり忘れ、
他の教科に気をとられているうちに、テスト前日。
もう間に合わないと焦っているみたいです。


▼ 焦るきもち、わかります
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
せっぱつまった時、どうしたらいいのかわからなくなって
涙がポロポロ出てしまいます。

つむぎもきっとそんな気分。

私に話して、解決策を教えて欲しいの?

いや、きっと違うな。
そうかそうかと聞いて欲しいんだろう。
そう判断することにしました。

よし、吐きだせ、吐きだせ・・・


▼ 睡眠で回復させるしかない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、仕事をしながら思うのですが
睡眠不足の日は頭もまわらないし、
ナーバスになりがち。

けれど、

たっぷりと眠って気持ち良く起きた日は
なんの準備もしていなくても、事がうまく運んだり

「なんとかなるんちゃう?」
とおおらかな気分になれたりして、

結果、ラッキーなことが多かった1日になっていたりします。

睡眠って大事ですよね。


▼ つむぎよ、寝るんだ、寝るしかない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
というわけで、半ば強引に眠らせることに。

本人は
「他の教科も最後の追い込みしたいのに・・・」
とかなり嫌がっていましたが

勉強できていないなりに、頭に入れた知識を最大限に引き出すために
しっかり眠ってもらいます。


テスト終わったら、今日の焦りを忘れちゃうなんてことしないでね。
反省はしっかりするように!


冬期講習の情報を集めようと、いろんなサイトを見ていたら、
Z会 が高校生向けに新しいサービスを始めたことを知りました。

こちらです。



▼ Z会Leadway(リードウェイ)とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「添削指導」と「オンライン個別指導(1対1)」
という2つの柱で、難関大学合格へと導くプログラム。

つむぎが中学受験の頃(4年前)にはオンライン講座はなかったので、隔世の感があります。
すごいなあZ会。進化を感じます。


▼ Z会Leadway のターゲットは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東大、京大、旧帝大、早慶上智、関関同立などの、難関大学を目指す大学受験生。
「志望大学別カリキュラム」が強みで、
【東大コース】【京大コース】【医学科コース】【難関私大コース】など、志望大学合格に直結するカリキュラムを選べます。


▼ メリット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Z会の通信教材派と同じく、通塾時間ゼロ。
オンラインのコーチと、添削者、両方がタッグを組み、学習のモレや不足を防ぐ。
ひとつきあたり、2回の添削指導+4回の1対1指導と、手厚い指導も魅力。
1科目から始められるのもいいところ、とのこと。個別指導なので、お値段もはりますので・・・


▼ ここは良さそう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
説明を読んでいて、高3生をメインターゲットとしたシステムなのかなと思いました。

入試までもう日がない。
それなのに、苦手な科目がある。このままでは間に合わないかもしれない・・・
そんな悩みに手を貸してくれるのだったら、これは使わない手はない気がします。

志望校に沿った対策、というところがポイントで、
一人一人にカスタマイズされた指導が受けられるというのもうれしい。
やみくもに勉強するよりも、こちらの方が早く成長できる気がします。


というわけで、
久しぶりに私が大好きなZ会の新しいサービス

<Z会Leadway>Z会のノウハウが詰まった難関大合格のための新プログラム 
のご紹介でした。

興味があったら、ぜひお問い合わせくださいね。
 ↓
Z会Leadwayのお問い合わせは<<こちら>>から!

高3になったらお世話になるかもしれないので、
しっかり覚えておかなくっちゃと思っています。


 



あっという間に10月。月日の流れは早いですね。
テレビをみたりして、のんびりくつろいでいるつむぎをみると
「大丈夫?あっという間に受験生になっちゃうよ!」
と少し心配になってしまいます。


▼ 幻冬舎「電本フェス」に感謝!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本
という書籍を、通勤電車の中で読んでいます。

幻冬舎という出版社さんは、たびたび電子書籍のキャンペーンをやっています。
Amazonnのポイント還元であったり、最大70%offなどそれはもう信じられない価格で販売されます。
今回も幻冬舎の電本フェスの恩恵にあやからせていただきました。ありがとうございます!


▼ 仕事、妻、母 すべてに手を抜かない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
著者の森本千賀子さんは、リクルートグループで累計売上歴代トップを記録したという伝説の営業ウーマン。NHKのプロフェッショナル~仕事の流儀にも出演されました。(現在は独立)

彼女の仕事へのこだわりと、圧倒的な成績はもちろん素敵。けれど彼女が注目され、憧れられるのは
「残業なし。子どもと過ごす時間が第一」
というその姿勢です。


▼ 短時間で生産性を上げる以外に道はない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
仕事人、妻、母として、どれもおざなりにせず、自分らしい生き方を貫き通すには、圧倒的な生産性を追求することが大切、と森本さんは考えます。
具体的なノウハウは、本に譲ることにして、森本さんの本の中にあった
「生産性をとことん追求することで、諦めることを無くしていく」
という生き方が清々しく感じました。


▼ 強く印象に残った、アメリカで流行った詩
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
森本さんご自身が人から教えていただいたという、アメリカの詩(作者不詳)。一部を抜粋します。

 一年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。
 一週間の価値を理解するには、週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。
 一分の価値を理解するには、電車にちょうど乗り遅れた人に聞いてみるといいでしょう。
 一秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。
 0.1秒の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。などなど…

ハッと息をのみました。
今、私は今をどれくらい意識して生きているのだろうかと。



▼ 楽しむために、効率よく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大学受験に向け、時間はあっという間に過ぎていきます。

中学受験を目指していた頃よりも、ずっと忙しく暮らしている娘のつむぎ。

一度きりの高校生活。勉強だけの毎日ではもったいない。けれど、勉強は疎かにできない…

娘にも、この詩を教えてあげたいなと思う母なのでした。



↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

カテゴリ:
制服のある中高一貫校に通っているつむぎ。
入学から卒業まで、6年間同じデザインの制服を着ます。

入学時、長く着ることができるようにと、制服屋さんのアドバイスにそって少し大き目を購入しました。これは大正解。するすると身長が伸びましたが、高1の今まで問題なく着ることができました。

ただ、いよいよ制服の寿命がやってきたようです。
お疲れ様、冬服。今までありがとう!


▼ 平均的な制服の寿命とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
保護者のグループLINEでは、制服の話でたびたび盛り上がっています。
やれどこどこが破れただの、どうやって注文した?だの、情報交換が盛んです。

高校入学時に新調したご家庭と、冬服に切り替わる高1の秋に新調するご家庭と2分されているように思います。このことから、制服の寿命は約3年という感じでしょうね。


▼ 制服の傷み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
制服は、百貨店の名前が入っているものですので品質は悪くないはずなのですが、3年も着ていると傷んできます。

多いのは「破れ」です。革鞄が当たってしまう部分は、擦れてもれなく破れてしまいます。
カバンを肩からどちら側にかけているかによって、左右、どちら側が破れるかが決まるんですね。
仕方がないのかなあ・・・うーん。。。


▼ 制服買い替えについてのアナウンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つむぎの学校では、特に連絡はありませんでした。
購買部にたびたび制服屋さんが来られているそうなのですが、親がその情報を得られることはないので、
「え?どこに買いに行ったらいいの?」
とオロオロします。

こういうとき、威力を発するのが「親同士のつながり」。
仲のいい友達を作っておくと、情報を得やすくなるので助かります。


▼ 大切に使ってね!お願い!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
制服は私立の学校に限ったものではありませんが、なかなか高価なものなので、できるだけ丁寧に長く着てほしいというのが親としての願いです。

女子校に通うつむぎやお友達は、制服の破れについて深く考えていないようなのですが(異性の目がないからなのかな)、親としてはやっぱり気になるもの。学校帰りに塾に通うようになり、他校の生徒さんたちと同じ教室で学ぶようになると、余計に気にしてしまいます。
4月に入学したばかりの他校の生徒さんたちは、制服がキレイですから・・・

というわけで。
思い切って新調することになった制服。
受験までの学びをともに過ごす相棒として、大切に使ってほしいです!


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×