アーカイブ

2019年03月

カテゴリ:
先日、息子さんが大阪の県立高校(トップ校)に通っているというお母様とお話をする機会がありました。

これまで大阪の県立高校に通っているということは聞いていたのですが、高校名を聞くのはこの日がはじめて。教育ママという印象はなく、子煩悩なイメージの方。息子さんのことを自慢されることもなく、ずっと自然にしていらっしゃったのでとても驚きました。


▼ 部活も勉強もどちらも応援
----------------------------------------
息子さんは医歯薬系を目指しているとのこと。
部活には毎日参加、部活のあとに塾(大手予備校)に通って勉強しているそうです。塾も息子さん自身が探し、ここに通いたいと言ってきたそうで、
「本人がやりたいと言うならね」
と。親からすすめたり、逆に取り上げたりということもしないそうです。


▼ 学びは楽しい
----------------------------------------
素敵だなあと思うのは、お母様ご自身も勉強しているとのこと。

【スタディサプリ ENGLISH】 で勉強されているとのことで、けっこう面白いですよと笑っていらっしゃいました。

スタディサプリ ENGLISH をはじめたきっかけは、息子さんが高校で「スタディサプリ」を推奨されたから、とのこと。どういうものなのかご家庭で一緒にさわっていて、偶然スタディサプリ ENGLISH を見つけられたそうです。

「まあ、無料体験もできたからっていうのもあるんだけど」
と。これ、大事ですよね。


▼ 強制はしません
----------------------------------------
息子さんは「スタディサプリ」高校生用を積極的に利用・・・といいたいところですが、たくさんは利用できていないそうです。

「息子がどれくらい見たかって数値としてわかるんですよ。ある月なんて2分しかやっていなくって、どうなってるの?って。笑うしかないですよ」

でもやりなさいと注意するといういうわけではなく、息子は息子、ご自身はご自身というスタイル。

「はじめてみたら意外に楽しくて。覚えたらうれしいし、忘れたらくやしいし。悔しいかな、息子のようには覚えられない。手ごわくて面白いっていうのもありますね」
スタディサプリ ENGLISH をはじめるきっかけは確かに息子でしたけど、続ける・やめるは自分次第ですね。今は楽しいから続けています」



▼ いいお手本が近くに
----------------------------------------
息子さんにとって、お母様が楽しそうに勉強されているのは刺激になるはず。
「蛙の子は蛙」
これは遺伝子だけの問題ではなく、環境やいわゆる「親の後姿」もあるんだろうなと思います。

つむぎも私たちに似ているのかな?しっかりしなくっちゃ!



暗記が得意な人がうらやましい。
ずっとそう思ってきました。

彼(つむぎの父)は暗記がとても得意だったと言います。
覚え方はひたすらに読む。写真の位置、注釈にいたるまで、丸暗記するまで読む、読む、読む。
7回やれば覚えると言いますが、まさにそうだと思うよ、とのこと。

一方私(つむぎの母)は暗記は大の苦手。
書いて覚える派で、ひたすら書く、書く、書く。
何をするにも勝手に手が動いて問題を解いているような感覚で、頭の中は空っぽ、何も入っていない感じです。うーん、うまく伝わるでしょうか。
ほとんどのことを感覚でやってしまうのがよくないんですよね。


▼ つむぎは得意?苦手?
----------------------------------------
つむぎは
「暗記?苦手苦手。覚えられないもん」
とのことですが、どうでしょう?

最近は夜、寝る直前に暗記モノをやっているみたいです。
この方法は覚えやすいようで、長く続いています。暗記は苦手というよりも、やりなれていないといったほうがいいように思います。


▼ 暗記はどんどん増えていくので
----------------------------------------
つむぎはこれから、大学受験に向けて、ますます暗記の機会が増えていきます。

現在は寝る直前と、通学中(電車の中)がメインのようですが、得意な覚え方を早く見つけて生かしていってほしいなと思います。


我が家にはパソコンが4台。
一番古いノートパソコンは使っていないので、実際に動いているのはWindows1台とMac2台です。
3人家族なので、一人1台ずつ使っていることになります。

▼ つむぎはWindows
----------------------------------------
つむぎには高校に上がる際にWindowsのノートパソコンを購入しました。
それまではつむぎには、私か彼(父)のMacを貸してあげていたのですが、これからはパソコンぐらい使えた方がいいだろうということで、古くなっていたWindows(当時はまだ現役)の後継として購入を決めました。


▼ いつのまにやらサクサク使う
----------------------------------------
それほど熱心に使っている風ではないのですが、学校の授業もあり、いつのまにかサクサク使っているつむぎ。簡単な動画編集もやれるみたいです。

Mac派の私には、Windowsはビジネスの雰囲気があって使いにくくないのかな?と思うのですが、まったく問題ないとのこと。エクセル、ワード、パワーポイントも教えていないのに問題なく使いこなします。


▼ スマホやタブレットで事足りるかもしれないけれど
----------------------------------------
私の友人の技術者たちは、家ではパソコンを開かないという人もたくさんいます。
スマホやiPadでたいていの用事は足りるし、というのがその理由。私はキーボードがないと困る派なのでパソコン作業が楽なのですが。

つむぎはスマホを持っていないので、タブレットとWindowsの2台使いです。
最初にパソコンから入ったのである程度ブラインドタッチもできます。パソコンから入らせておいてよかったのかもと思います。


いずれにしても、パソコンに抵抗がないのはとても良いこと。
上手に付き合って、できることならば私たち両親の知識を超え、楽しんで欲しいです。

3月に入り、定期テストのシーズンがやってきます。

つむぎは少しナーバス。
それはそうですよね、私たちもそうでした。
とにかくやるしかない。がんばれ!と言いたいところを必死で抑え、見守っています。


▼ ここ1年で導入された気分転換
----------------------------------------
最近のつむぎの気分転換は、もっぱらYouTube。
スマホは持っていないため、秋頃までは自分のタブレットやパソコンでみていたのですが、最近はリビングのテレビでみています。(年末に買い換えたテレビがYouTube対応だったので)

ミュージックビデオや外国のテレビ番組をみて、ケラケラと笑っています。非常に楽しそう。
テレビでみてくれると私も内容を把握できるし、一緒に楽しむことができるので、これでよかったなと思います。見過ぎていると注意もできますし。


▼ AIスピーカーも便利
----------------------------------------
AIスピーカーの存在も大きいです。
こちらは音楽を流すのに使っています。着替えの間、学校の用意をしている時など、画面を見ることはできないけれど楽しく行動したい時に使います。

私自身(つむぎの母です)がAIスピーカーが大好きなので、私が使っているのをつむが一緒に聞いているという感じです。


▼ インスタやtwitterもある程度
----------------------------------------
テスト前はSNSの時間はなるべく短縮して欲しいのですが、すべて取り上げるのは酷なので、少しはささっていいよといっています。

つむぎは好きな芸能人の動向をチェックすることがメイン。
今度ハイタッチ会があるんだって!とか、HMVで予約したらこんな特典があるんだって!とか情報を仕入れてはワーワー言っています。

一方、自分がつぶやいたり投稿したり、友達と連絡を取ることにはあまり興味がなく、必要最低限といった感じ。学校で会うし、みんなも私も忙しいし(部活や塾など)・・・といったあっさりした性格です。


▼ こっそり読書もします
----------------------------------------
とりあげているわけではありませんが、こっそり小説も読んでいます。
集中しているな〜と近づいたら、湊かなえさんの小説を読んでいたりして、もう!と笑ってしまいます。


▼ 気分転換、大事です
----------------------------------------
みなさんはどのような気分転換をされているのでしょうか?
自分たちが子供だった時代に比べ、楽しいことがたくさんある現代。時間の使い方に気をつけて、たまにはゆったりとした気分になってほしいなと思います。

前日からの続きです。

前の記事はこちら↓


▼ 教科ごとにノートを変える
----------------------------------------
つむぎは「慣れ」というものを重視する性格で、あまり新しいものに挑戦しません。

とくに文房具へのこだわりは強く、中学入学時に使っていたノートと同じ種類のものを使い続けている教科がいくつかあります。


▼ このノートを探すのが大変!
----------------------------------------
たとえばこちらのノート。



数学に使うと決めて、中1から使い続けています。
これを文房具屋さんで探すのですが、なかなか置いてある店が少なくて探すのが本当に大変!

他のノートじゃダメですか?と聞くのですが
「えー、今までずっとこれでがんばってきたし」
と譲りません。


▼ ドットタイプが主流なのに
----------------------------------------
さらには人気のドットタイプのノートはあまり使いたくない、と言い出す始末。


コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 A罫 30枚

こういうごく普通のタイプ。
ドット入りは縦をそろえて書きやすく、ノートを綺麗にとれると人気のはずなのですがつむぎはよしとしません。
可愛い表紙も多いし、安いし、売っているところが多いので助かるのですが・・・。
(文房具屋さんに行ったら見てみてください。ほとんどがドット入りになっていて驚きますよ)


▼ わがまま?こだわり?よくわからないけれど
----------------------------------------
というわけで、我が家ではつむぎのこだわりを叶えるために、ネット通販の利用は必須となっています。

みなさんは文房具、どのように用意していますか?

このページのトップヘ

見出し画像
×