ネットで話題になっていた「100日後に死ぬワニ」。

私たちも今日は各自のスマホ、PC、ipadと機材でTwitterを開き、ワニくんの100日目をみました。
深い作品、試みに感謝。作者様、ありがとうございました。
(私はTwitterを使いこなせていないので、この話題を知ったのはつい3日前でした)


100日前の自分って、どんな感じだったんだろう?と思い返すに、
年末でバタバタしていたなとか、1年ちょっと先にせまった大学受験に向けて、つむぎにどうやってやる気を出させようかと悩んでいたなあとか、ふんわりと覚えているだけで非常に曖昧です。

まさか数ヶ月後の世界が、新型コロナウイルスで混乱しているだなんて考えもしませんでしたし、
登校どころか外出さえもままらならない世の中になるだなんて、予測できませんでした。

普通の暮らしを積み重ねていても、突然世界がかわってしまうこともあるんですね。
毎日の尊さを感じます。


私たちは健康ながら、なんとなく気分が沈んでパソコンに向き合うことができませんでした。
つむぎも自宅生活が長くなり、かなりストレスをためているようです。
仕事から帰宅した私に、イライラから鋭い言葉をぶつけてくることもあります(気持ちがわからなくもないので、静観)。


ただこうしているうちにも時間は流れているんですよね。
私も受験までの残り1年のカウントダウンは、1日も飛ばさずにブログをかくぞ。きっと誰かの参考になるかもしれないし。と思っていたのに、早速挫折しています。
これではダメですね。反省です。


今までは「あと1年くらい、がんばったらいいのに」と受験生視点でつむぎを見てしまっていましたが、今はとにかく健康が一番。

心も身体も健康に、1日1日を大切に過ごしていきたいなと思います。

というわけで、書けることがあれば、遡って空白を埋めていきたいと思います。がんばるぞー!