最近、勉強の相談をしている卒業生のセンパイと、Skypeで1時間ほど話をしていた本日のつむぎ。
学校のオンライン授業開始には間に合わなかったけれど、ようやくウェブカメラが届いたこともあり、早速先輩と話してみることにしたようです。

友達と会いたい、喋りたい、というつむぎに
「試しにSkype繋いでみたら?」
といったのは私でしたが、もう私が知っている機能、使える範囲を軽々超えて、サクサク使いこなしています。画面共有?それ何?教えて!という感じです。

センパイは 大学2回生で、学校の内部システムでオンライン授業を受け始めたところなのだとか。
つむぎからのSkypeの提案に
「スカイプ?やったことないけど、試してみたい!」
とノリノリで、すぐに時間をとってくださったのは本当にありがたかったです。

つむぎは最近始まった学校のオンライン授業のことを話し、模試までに何をやったらいいか具体的な相談を受けた模様。 先輩に話を聞いてもらうことで、自分がまだ足りていないのか、自分の不安は思い過ごしなのかなど、いろんなことが一つ一つ整理されていくようです。

学校や塾に行くことができず、また兄や姉がいないつむぎにとって、オンラインの繋がりも受験対策の一つになりそうです。