カテゴリ:
受験校について、どのように考えたのか記録しておきます。

つむぎは1月以降、最多で6校、最低でも2校受験する予定です。
場合によっては共通テストの結果のみで判定される試験や、同じ大学・学部を何度も受けることになるので、実際にどれくらいの試験を受けることになるのか、今はわかりません。

また、以前のブログ記事でも書いたように、これまでたくさんの大学の資料請求をしましたが、
年末に受験する大学を詰めた時には、それほど迷うことなく決めることができました。
ちなみに、具体的になったのは12月20日頃です。

それとともに、資料は全部揃っていると思っていたのに足りないところもいろいろあって、慌てて請求するということも発生しました。(大学のパンフレットは手元にあっても、学部別パンフレットの取り寄せを忘れていた)


昨年からコロナ禍にあり、我が家の第一条件は「自宅から通えること」になりました。
(関西から離れる決断をした友達もいるので、このあたりは家庭の方針によっていろいろだなと思います)

学部・学科で研究できる内容、将来目指せる職業、入試の配点なども決め手になっています。
つむぎは、大学までのアクセスも入念に調べています。これも大切ですよね。

三者面談で先生から進めていただいた大学も検討し、他の学部を追加するなどちょっとした調整もしました。

以上、受験校決定までの記録でした。