カテゴリ:

学校のカラーによるのかもしれませんが、つむぎの学校では保護者同士のつながりはとても快適です。

役員の押し付け合いもありませんし、暗黙の了解で全員参加といったイベントもありません。
家庭や仕事などそれぞれの生活・事情を尊重できており、ほどよい距離感で過ごせていると思います。


私も時々、仕事などで行事に参加できないことがありますが、頼りになるのは保護者友達です。
学校のことでわからないことがあった時なども、先生に尋ねる前に、まずは保護者友達に聞いています。



さて、保護者同士の知り合いは、どうやって作ればいいのでしょうか?

同じクラスであっても一度もお目にかかることなく卒業、といったことも普通です。

数はたくさんでなくていいけれど、いざ困った時に頼りにできる保護者友達が一人でもいたらいいですよね?


そこで、友達づくりのコツをまとめました!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1)入学式で話しかける
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
集合写真を撮るときがチャンスです!積極的に話しかけましょう。

「どこから来られたんですか?」が鉄板トーク。
学校までどれくらいかかるんですか?どの路線でこられるんですか?など、話はどんどん膨らみます。

「ご兄弟はいらっしゃるんですか?」もいいですね。
話がつながりやすいです。

ご夫婦連れよりも、お父様・お母様どちらかが参加といった時の方が仲良くなれるみたいです。
楽しみにしていた入学式、誰か一緒にしゃべりながら参加できたら、うれしいですもんね!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2)LINEなどの連絡先を即交換
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
仲良くなりたいなと思ったら、その場で連絡先を交換しましょう。

私は作っていませんでしたが、お名前、電話番号、メールアドレスなどを書いたカードをいくつかいただきました。LINEは連絡先交換が簡単だから便利ですね。

次に会えるのはだいぶ先になってしまいますので、出会ったときがチャンスです。

滅多に連絡をする機会はないのですが、体育大会の前に一緒に観戦しようと誘ったり、子供が遊びに行かせていただいた時にお礼の連絡をしたりといったように、用事がある時に使えるので便利です。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3)クラス役員に立候補
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
友達ができるだけたくさん欲しい!情報源を確保しておきたい!と思うならば、役員に立候補するのがオススメです。

学校によって活動内容はちがいますが、つむぎの学校の場合、クラス役員の活動は年5回程度。
事情があれば休めますし、講演会や食事会といった数時間の活動のため、仕事との両立も比較的容易です。

「クラスや学年を超えて知り合いを作ることができる」
「学校の先生としゃべる機会が多い」=いざとなったとき、相談しやすい
「いち早く、行事予定などの情報を手に入れられる」

といった大きなメリットが得られます。




娘たちも、親同士のつながりは興味津々の様子。
自分たちが仲がいいのはもちろんだけど、お母さん同士が仲良くしているのはうれしいみたいです。

ご縁があって入学した学校。
子供も親も、快適に過ごせるといいですね!