カテゴリ:

中高一貫校に通っていると、校舎も先生も同じだし、これまでどおりのような気もするのですが、中学と高校とでは大きく違うようです。

学習面では、中学生のうちに高校課程の教材をはじめられるのは私立ならでは。
高校教材は確かに難しいけれど、つむぎを見ていると、ある程度覚悟はできたように感じます。

では、何が変わるのか?

それは、遅刻・早退・欠席の重みです。

大学入試を考えた時、推薦を狙う場合はもちろん、そうでない場合でも、遅刻・早退・欠席はしないにこしたことはありません。

授業のペースもハイスピードですから、欠席した場合、必死で追いつかなければいけなくなります。
とにかく1回の授業を落とすのが怖い!

つむぎは夏の暑さに弱く、脱水症状を起こしやすいので、もうすぐ来る夏をどう乗り切ろうかと思案中。

天気予報などでは
「今から少しずつ、暑さに慣れておいてくださいね」
と言われるのですが、困りました。

とにかく「高校は欠席が命取り」。
皆さんもお気をつけください。