カテゴリ

カテゴリ:大学受験

カテゴリ:

大学のオープンキャンパス初参加!
高1の夏、いよいよ大学受験に向けて動き出したなあという感じがします。ドキドキです!


大学のオープンキャンパス、親も同伴した方がいいのでしょうか?
みなさんはどう思われますか?

事前に調べてみたところ、いくつかの大学(学部)では

「保護者、同伴者、いずれも入場不可(受験を予定している学生のみ参加可能)」

と明記されていました。

調べておいてよかった!一緒についていくところでした。汗


高校生ともなれば、親よりも自分自身の判断の方が正確なのかもしれません。

保護者同伴不可のところは、国立大学や医学部など、志願者が殺到しそうなところが多かったように感じます。
医学部などもそうですね。

予約が必要なところも同じく、希望者が多いということなのでしょう。(会場の都合もあるかもしれません)


つむぎは高校の友達と二人で参加。

中1の頃から一緒で、互いに見たいところ、やりたいことを気兼ねなく言えるようで、親が一緒に行くよりも動きやすかったのかも。一緒に行動するメンバー(親なり友達なり)はとても大事です。

3つの理系学部の説明を聞くことができたようです。

それぞれの専門分野の解説も興味深かったようですが、男女比、学年が進むにつれてどんな生活をしているか(1回生で一般教養をとってしまえば、2回生は自由。3回生のうちに海外に行って、4回生は研究や院進学の準備・・・)など、具体的なイメージができる話をたくさん聞けたようで、充実の1日になったと話してくれました。

また、友達が行きたかった説明会に同席することで、知らなかった学問に興味をもったり、こういう仕事もありかもと考えるきっかけになったようです。


私も行きたかったなあと思いつつ。
子供達同士だからこそ、大人の思惑なしで素直に楽しめたんだろうなと思います。

子供同士でも収穫の多いオープンキャンパス。
これからも気軽にGO!GO!です。




↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

カテゴリ:

最近、友人や会社の後輩を中心に、
「どうしてこの大学に決めたの?」
と聞いています。

私や主人の経験では、時代もちがうしサンプルが少なすぎる。

その点、高校生に年齢が近い「後輩たちの声」は大変参考になります。
仲良くしておいてよかったー笑

さて。

先日は、九州から関西の国立大学へ進学、卒業した後輩(20代女性)と話す機会がありました。

「現役の時は、思うような成果が出せなくて。
合格した大学もあったんですけど、やっぱりここじゃ嫌だと思って、親にお願いして1年の条件で浪人させてもらったんです。

地元の予備校では不安だったので、福岡まで出て、予備校の寮みたいなところに住みました。
朝から晩まで、勉強漬けですよ。テレビもみませんでした。

現役の時は、九州大学を目指していたんですけど、浪人して◯◯大学(関西の国立大学)に変えました。

理由ですか?偏差値が、九州大学よりも高かったんですよ。笑

どうせ浪人してまでがんばるんだったら、もっと偏差値の高いところを目指してみようって。
やりたい学問は決まっていたんで、大学はそうやって決めました。

合格した時は、そりゃあもう、うれしかったです。
がんばってよかったなって今も思います。」

なるほど。
やっぱりこの根性ですよね!

また参考になる話が聞けたら、記していこうと思います。


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

「蛍雪時代」25年ぶりに買ってみた!【後編】

カテゴリ:

蛍雪時代、到着しました!

こちらです!
keisetsu

おー!懐かしい!
国公立大学&難関私立大合格!のために読む雑誌 と書いてあります。
ターゲットはこのあたりなんですね、ふむふむ。

オレンジのものが本誌で、別冊が2冊ついています。
別冊がついているだなんて思っていなかったので、ちょっと得した気分。

2018年8月号の特集は
「デキる受験生になる 勉強×生活 夏プラン!」

難関を突破した現役大学生たちの討論会や、アンケート、インタビューなどもりだくさんです。

さらに、別冊の「理学部・工学部」特集。
理学部と工学部の違い、どんな勉強ができるのか、現役大学生の受領タイムテーブル大公開など、これまた興味深い内容満載です。

どうやらこの別冊、毎月、数個の学問が特集されているようで、来月号は社会、社会福祉学系統。
つむぎは今のところ「なんとなく理系志望」という状態なので、今月号(理学部・工学部)は個人的には当たりでした。


蛍雪時代の記事のうち、1〜2割がつむぎのハートにヒットすればまあよしとするか。と思っていました。

ところが

「おかあさん、全部おもしろいよ!」

と夢中になってページをめくっています。

おー!

これからも、ちょこちょこ買うことになりそうです。
高1でもじゅうぶん楽しめる内容です!


螢雪時代2018年8月号(旺文社)


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

カテゴリ:

今週末、娘のつむぎ(現在高校1年生)が初めて大学のオープンキャンパスに参加します。

学校の友達と誘い合っていくようなのですが、みんな初めてなので、オロオロと無駄な時間を過ごしてしまうのではないかと少し心配です。

そこで、何か指針になるものはないかな?と考えて、こちらを注文してみました。




目次に
【特集】大学に会いに行く夏! 
・学生スタッフに聞く! オープンキャンパス徹底活用術
・大学の見どころコレクション
と書いてあったのが決め手となり、購入を決めました。

つむぎはネット世代なので、受験雑誌を読むということがピンときていない様子。

まあ一旦、現物をみせてから・・・と思ったのですが、行きつけの大手書店には在庫がありませんでした。
もしかしたら普段から、実店舗には置いていないのかもしれませんね。
そういう時代なのかなあ?

それはともかく、

今日、現物が届くようなので、楽しみに待っていようと思います。
後編に続きます。


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

カテゴリ:

夏休みの勉強といえば、宿題と夏期講習。

つむぎは高校の講習に加え、大手予備校の夏期講習(英語)に申し込みました。
予備校の夏期講習は5日だけなので、それほど負担なさそう。

高校の講習はそろそろ終盤ですが、
「容赦ないわー。ほんとに。」
と連日ぎゅーぎゅー詰めのスケジュールに苦笑いしています。
普段の授業とそんなに変わらない生活をしている感じです。
(先生方も熱いご指導ありがとうございます!)


大手の予備校からは、大量にご案内をいただきました。
高校の講習は、夏期休暇中なので欠席というペナルティはないらしく、旅行や用事で数日お休みをされる子もけっこういるのだとか。

ただ我が家は
「学校第一」
の方針なので、

1)学校の講習
2)予備校の夏期講習(学校の講習が入っていない日に)
3)大学のイベント(オープンキャンパスなど)

の順に、無理のない範囲で予定をたてました。


予備校の夏期講習は、英語、数学、現代文、古文、物理・・・といろんな講座があり、どれもとても面白そう!
ご案内の冊子がよくできているのかもしれませんが、受けておいたら絶対に得になるんだろうな、と思ってしまいます。むしろ、受けなかったらまずいのでは?と思ってしまうほど。


ただ、消化不良になるのは目に見えているので、予備校での受講は1教科のみに抑えました。

苦手でも得意でもない、英語。
物理などの理科の科目は、高校のテストなどを復習して定着させることを優先。
好きな数学は、自分ですすんでやるだろうと判断して受講せず。
国語系の科目は、学校の講習スケジュールに当たってしまい、受講できませんでした。


中学受験の時もそうでしたが、怖いのは
「なんとなく受けなければならない気持ちにさせられて、予定をぎゅーぎゅーにしてしまうこと。消化不良を起こして自信を失うこと。」

余裕を持ってスケジュールをたてたことで、学校と塾のはしごをしなければならないといったハードな日はなくなりました。

あとはだらけさせることなく、ほどほどのやりがいをもってがんばってもらうだけです。
さて明日からどうなることやら。

2学期のスタートが楽しみです。

↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×