カテゴリ

カテゴリ:勉強方法

カテゴリ:

先日、つむぎが受けた英検の結果が返ってきました。
なんとか無事に合格。
これで娘に級をあっさり超えられてしまいました。もう教えられません。

英検の2次試験は面接形式。
私は英語が得意ではなかったので、とにかく冷や汗をかきながら受検した記憶があります。

つむぎは?と聞くと
「緊張はしないなー。それより、わ、難しい問題にあたってしまった!と焦ることはあるよ」
とのこと。


つむぎは英語が飛び抜けて得意というわけではありません。
では、なぜ緊張しないのか?

それはある程度、事前対策をしているからだと思います。


実は英検の2次試験の参考書、というものが売られています。
DVDで2次試験の流れと、印象の良い例・悪い例を確認し、CDを使った練習問題を解いてから本番に挑んでいます。

もちろん当日同じ問題が出題されることはありませんが、それでも、ちょっとでも対策してから行ったぞという安心感は大きいようです。

何事も事前準備は大切。
これから2次試験に挑まれる方は、面接だし勉強のしようがないのでは?とは思わずに、万全の準備をして挑んでくださいね。

カテゴリ:
平昌オリンピックが閉幕しました。
我が家はスポーツ観るのがとっても好きなので、連日、テレビ放送に釘付けでした。

時差がなかったこともありますが、初日から最終日まで、たくさんの競技をみて感動しました。
アスリートの皆さん、お疲れさまでした!


さて。
オリンピック期間、つむぎはテレビと自分の机を、何度も何度も往復していました。

3月に入ったらすぐに期末テストがありますし、いつもどおり宿題もたっぷりある。
ずっとオリンピックをみていたいけれど、そうもいかないというもどかしさがあるようでした。

特に、ジャンプ競技などは夜中に行われることがあったため、
「見たい」けれど「寝不足は困る」
という葛藤もあったようです。

日本選手が出てくるたびに、勉強の手を止め、テレビの前にやってくるつむぎに
「全然集中できてないやろ」
と彼(つむぎの父)も呆れ顔。見たい気持ちはよくわかるので、しかることはできません。

そこで家族で相談をして、オリンピックは録画してみる、と決めました。

生放送ではみないので、パソコンもスマホも禁止。
うっかり通知で結果を知ってしまったら、がっかりだからです。


こうして最後の方は、家族3人そろってオリンピックを楽しんだのですが、どうせ集中できないのならば、「休憩時間」を1時間でも2時間でも固めてしまって、存分に楽しんだ方がいいんだろうなと思いました。お互いの心の健康のためにも。

  


カテゴリ:

毎日、学校から出される宿題。
学校によって、その量は様々です。

「え?1日でこんなにやるの?」
とびっくりしてしまうような教科もあり、これらが時間割で重ってしまうと、夜遅くまで宿題に追われることになります。

つむぎたちは
「なんでこんな時間割なん?偏りすぎやわ」
とプンプン怒っていますが、これは仕方がないこと。

体育会系の部活や、塾や習い事…
放課後は動かせない予定も多いので、大変だなと思います。


宿題が多い方がいいのか、少ない方がいいのかの正解はわかりません。

大学受験のことを考えると、テストや宿題はしっかりとやらせてもらった方がいい。
がむしゃらに量をこなすことがベストとは思わないけれど、ある程度、勉強をしなければならない環境があった方がいいと思います。

けれど、睡眠不足になるほどに宿題が重なったりすると、これって終えることに精一杯で、頭に入っていないんだろうな…と思ってしまうのです。


大学受験がもう少し身近なものになって、どうしても勝ちぬきたい目標になったとき、宿題に対する取り組み方も変わるのかなと思います。

それまでは悩むだけなのかな?

カテゴリ:

中学には、ずっと優秀な成績(順位)をキープしている子もいれば、テストのたびに変動する波があるタイプの子もいます。

つむぎは後者で、楽しく勉強できる好きな教科はあるのですが、この教科が得意だ!得点源にできる!と言えるものは見つかっていません。


同じ入試を通過してきたもの同士、入学時の学力レベルは大差ない思います。

以前、姉妹ブログに書きましたが、入学直後に校内で行われる実力テストで、ある程度のイメージづけがされてしまうことは仕方がないとは思いますが、変動していくものですからプレッシャーに感じることはありません。

◎参考
[関西]カスタマイズ中学受験 〜最難関にこだわなかった私達の場合〜
2015年6月18日記事
「立ち位置」それはわかるけれど・・・
 ↑ クリックしてごらんください



優秀な成績をキープしているお友達の様子をきいていると、こんな共通点が見えてきました。
(残念ながらつむぎの例ではありません)

※注意※
あくまでつむぎの友達の例ですので、すべてに当てはまるわけではない点、ご了承ください。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1)負けず嫌い
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
自分の得点や順位を隠したり、謙遜したりすることはない。
思うような成績が残せなかった時は、悔しさを前面に出す。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2)面倒見がよい
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
どんな勉強をしているか、聞けばすぐに教えてくれる。隠さない。
テスト対策のために工夫してつくったノートや暗記教材を、惜しげなくプリントして配ってくれる。
欠席者には、自分のノートをコピーして渡してくれる。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3)部活動に熱心
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対外試合やコンクールがあるような部活動に入っている。
活動日が毎日という部活ばかりではないけれど、勉強のために部活に入らないという考えはない様子。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
4)兄・姉がいる
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
あくまでまわりの傾向として、です。
つむぎは一人っ子なので、こればっかりはどうしようもないのですが…
大学受験に向けての道筋が見えている方が有利ということかな?と想像。(わかりません)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
5)塾の有無は関係なし
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
中学生のうちは、自宅オンリー・塾活用、いろんなパターンがある様子。
どちらがいいとも言えないんだなという印象。


私たちも手探りですが、遅れをとらないようにがんばってほしいなと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×