タグ

タグ:ネット通販

前日からの続きです。

前の記事はこちら↓


▼ 教科ごとにノートを変える
----------------------------------------
つむぎは「慣れ」というものを重視する性格で、あまり新しいものに挑戦しません。

とくに文房具へのこだわりは強く、中学入学時に使っていたノートと同じ種類のものを使い続けている教科がいくつかあります。


▼ このノートを探すのが大変!
----------------------------------------
たとえばこちらのノート。



数学に使うと決めて、中1から使い続けています。
これを文房具屋さんで探すのですが、なかなか置いてある店が少なくて探すのが本当に大変!

他のノートじゃダメですか?と聞くのですが
「えー、今までずっとこれでがんばってきたし」
と譲りません。


▼ ドットタイプが主流なのに
----------------------------------------
さらには人気のドットタイプのノートはあまり使いたくない、と言い出す始末。


コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 A罫 30枚

こういうごく普通のタイプ。
ドット入りは縦をそろえて書きやすく、ノートを綺麗にとれると人気のはずなのですがつむぎはよしとしません。
可愛い表紙も多いし、安いし、売っているところが多いので助かるのですが・・・。
(文房具屋さんに行ったら見てみてください。ほとんどがドット入りになっていて驚きますよ)


▼ わがまま?こだわり?よくわからないけれど
----------------------------------------
というわけで、我が家ではつむぎのこだわりを叶えるために、ネット通販の利用は必須となっています。

みなさんは文房具、どのように用意していますか?

私が仕事をしている時、たまにつむぎから
「シャーペンの芯がなくなりそう。おかあさん、帰りに買ってきて!」
と連絡が入ることがあります。

あー、この前の日曜日に気がついてくれたらよかったのに。
一緒にショッピングモールに行ってたよねー?

ため息をつきながら仕事帰りに文房具屋さんに寄る。
これまで何度もこういうことがありました。


▼ 実は梅田は不便だったり
----------------------------------------
私が通勤で通りかかる街、梅田。
大阪の中心であり、百貨店もいくつもあり、地下街も充実している関西では大都会なのですが、
「文房具を買う」
ということについては、ちょっと面倒な土地だったりするのです。

いくつか地上や地下街に文房具屋さんがあったのですが、時代の流れとともにどんどん閉鎖してしまい・・・
私が気に入っていた文房具屋さんも昨年、相次いで閉店となりました。

確実に買おうと思ったら、茶屋町のロフトや大丸に入っている東急ハンズ。それからヨドバシカメラの文房具売り場。

ここに行けば大抵のものは間違いなく手に入るのですが、仕事帰りに人並みをかき分けお店に向かったり、ビルの上の方の階にあがるのは、面倒だなと思うこともあります(といってもしょっちゅうお世話になっているのですが)。


▼ 前々日までに知らせてくれれば
----------------------------------------
最近は
「前日は無理。前々日までに教えて。」
とつむぎと約束し、ネットで購入することにしています。
これならば確実に手に入るし楽チン。送料もかからないので助かります。



▼ 便利なのはヨドバシ.com
----------------------------------------
ネットで文房具を注文するとき、一番先にチェックするのは
ヨドバシカメラのネット通販「ヨドバシ.com」

スピード宅配と送料無料がうれしいお店です。
簡易包装で届けてくれるので、ポスト投函で済むことも多く助かっています。
(宅配便だと不在配達になってしまうことがあるので)


▼ 王道のアマゾン、楽天も便利。並行して使う。
----------------------------------------
ただ、ヨドバシ.comにない商品もあるので、その時はアマゾン、楽天市場でも探します。

アマゾン



つぎは、つむぎの文房具へのこだわりを紹介します。
続きます。

このページのトップヘ

見出し画像
×