タグ

タグ:塾

からの続きです。

学校と塾との両立で、体力がついていかなくなってしまったつむぎ。
原因の一つには、通学に時間がかかっているということもありました。

つむぎは高校まで
バス → 電車 → 電車 →徒歩 という交通手段で通っています。

バスも電車(2つ)もいつも混雑していて、滅多に座ることができません。
しかも高校の教材は重い・・・
高校の最寄駅からの徒歩も距離があるため、雨で傘をさす日はとても大変なのだそうです。

きちんと理解(覚悟)した上で入学を決めたことではありましたが、
塾に通うということまでは想定できていませんでした。

学校帰りに塾によることになれば、帰宅が遅くなるのは想像できましたが
塾のテキストが増えることで、通学の負担は想定以上。
これらがジワジワとつむぎの生活を圧迫しはじめたのです。


▼ みんなやっているよ、って大切なことなの?
----------------------------------------
つむぎ、もうこれ以上がんばるのは無理じゃないの?

私が声をかけたとき、つむぎは「いや、やれる」と言いました。

みんな学校帰りに通ってる。
私だけ両立できないなんておかしい。
おいていかれるのは嫌だ。と。

けれど、
「みんなって何?」

話しあっているうちに、つむぎも私も、そして彼(つむぎの父)も、
私たちはへんなことで悩んでいるのではないか?と思ってきました。


▼ 学校は寝るところではないはず
----------------------------------------
授業で寝てしまう子供がいる、という話は、知り合いからもメディアからもよく聞きます。
自分たちが高校生だった頃も、そんな姿を見ましたし、友達からも聞いていました。

(当たり前ではありますが)つむぎはどんなに眠くても、学校の授業などでは一切眠りません。
本人の自己申告でもありますし、学校の先生からも、他の子がだらけている中、きちんと頭をあげて聞いていると言われます。

つむぎに聞くと
「部活とか塾とかでクタクタで、ついつい寝ちゃうらしいよ」
と言います。

さらに
「私は起きて、きちんと授業を受けているのに、それでも点数で負けてしまうことがある。本当にくやしい。塾を優先した方がいいのかな。」
と悩むこともあるようです。

それは悔しいだろうな。
なんで?って思うんだろうな。

授業は聞いているだけでは身につかない。
だから集中して聞いているだけではダメだということはよくわかります。

だからといって、授業をないがしろにしていいとはどうしても思えないのです。

塾の方が実践的だから、授業中は寝ていてもかまわない。
それをどうしてもOKとは思えません。

私は要領が悪いのでしょうか?
考え方が甘すぎるのでしょうか?

まだまだ続きます!

最近、私は悩んでいます。

それは塾と学校、どちらを優先すべきかについて。

私の基本的な考えとしては
「当然、学校優先」
です。

努力して努力して、中学受験を乗り越えて進学した学校。
もちろん、入試前には他校と徹底的に比較しましたし、
ここならば娘(つむぎ) のためになると確信して入学させたのです。

 今もその判断は正しかったと思うけれど、どうして迷いが生じるのか。

それは、大学入試制度がつむぎの学年から変わることに寄与します。

これまでのセンター試験があって、という入試ならば、学校側も慣れていますし私達もだいたいわかっている。個人で調べても準備できる。 

けれど、 この「これだけ情報を集めれば大丈夫」と思えない、拭いきれない不安感はなんなのでしょう?
学校の情報だけで大丈夫なんだろうか?とどうしても考えてしまうのです。


つむぎは現在、週3回塾に通っていますが、2ヶ月経過して、キャパオーバー感を感じています。
どう転ぶかわからないから、念のため入試に関わる強化は塾で補講したいというのが本人の希望。

けれど、学校から直行し、22時近くに帰宅するため夕飯も塾の休み時間にチョロチョロと、という娘の生活を見るにつれ、果たしてこれは正解なのかわからなくなってきました。

みんなそうだよ、さらに部活だよと言われればそうなのでしょうし、つむぎ自身は朝は起きるのが辛そうながら、クラスメイトに恵まれ学校は楽しいようなので(毎晩、学校のおもしろ話を1時間近く話してくる)ありがたいと思っています。


でも、睡眠削ったり、食事の栄養に不安を抱えながら、あと2年近くやるのは厳しいかなと思っています。なにせ、中学受験の時もこれが納得できず、勉強の中心を自宅学習においていたので…(塾は週1回、土曜日と決めていた)。


みなさんはどう思われますか?
ちょっと考えてみます。 

自宅から距離のある中高一貫校に通っているつむぎ。
同じ市から通学している人数は中高あわせて10人いるかどうかという状況です。

そんな中、同じ学年・同じコースに近所に住む友達がいたというのは運がいいことだったと思います。
彼女とはとてもウマが合うようで、一緒に学校に行くのはもちろん、時々、休みの日に二人で出かけたりお茶を飲んだりしています。

彼女はとても成績優秀です。
つむぎと同じく高校の近くではなく、自宅を通り越した隣の市の塾に通っています。

先日、つむぎたちは二人で一緒に塾に行く約束をして帰って来ました。
といっても、二人が通う塾はバラバラ。ただ、校舎が道を挟んで向かい合わせの場所にあるので、一緒に最寄駅まで行ってお茶をして、帰りは相手の授業が終わるまで自塾の自習室で勉強しながら待ち、また二人で帰ってくるというのです。

へえー!面白いことを考えるなあ。と微笑ましく思いました。


▼ 本当に勉強してくるの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
心配だったのは、二人はちゃんと塾に行くのか。
楽しくなりすぎて授業に遅れたり、相手のタイムスケジュールの邪魔をしてしまったりしないかが多少にになります。

けれど二人は高校生。
それぞれの予定を頭に入れた上でギリギリまでおしゃべりし、最寄駅で待ち合わせをして楽しく帰って来ました。よかったよかった。


▼ 相手を尊敬していればこそ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つむぎたちの話を聞くと、それぞれ得意科目が違い、互いをすごいと思いながら過ごしているようです。こういう関係って素敵だなと思います。

彼女はすでに大学生になっているご兄弟がいらして、大学受験はこういうものだというイメージがあるようす。
一方つむぎは一人っ子なので、手探りですしマイペース。彼女が近くにいてくれることで、つむぎもなるほど、こうするんだと学ぶことが多いみたい。ありがたいです。


ふたりがこれからも仲良く楽しく切磋琢磨してくれればいいなと思います。


つむぎは現在、大手予備校に週2回通っています。
教科は英語と数学。中学受験の頃にお世話になった「Z会 の教室」の近くにある教室に通っています。

▼ 高校とはまるで違う方向なのですが
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
予備校は、高校の通学路にかかっていないどころか、自宅を通り越して反対側に行くような感じで、平日に通うのはとても大変。高校の近くであるとか、せめて通学中に通りかかるターミナル駅にある予備校に通えばいいと思うのですが、わざわざ定期外の塾を選びました。

▼ 庭というか、なんというか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つむぎにとって現在通っている塾のある地域は、慣れ親しんだ場所であり、中学受験を成功に導いてくれた縁起のいい場所。ほっとするようです。私たちも中学受験時代から通っていた場所なので、つむぎの授業が終わるまで近くの喫茶店で本を読んでいたりなど、くつろぎやすい場所ではあります。でも、通うのは大変なんだろうな・・・

▼ 大問題発生。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高2講座を決めるにあたり、ある問題が発生しました。
それは予備校の授業の開始時間が早すぎて、学校が終わってから大急ぎで行っても間に合わないということ。予備校の授業は途中入場ができませんので、遅刻となるコマは全部参加できないということ。休憩時間を挟んだ後半の授業は出ることができるとしても、半分無駄にするわけですからもったいないことこの上ありません。


▼ 居心地だけでは決められず
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つむぎには、自分が受けたいと思う授業を自分で決めるように言っていました。学校の授業終了時間、そこからの移動時間、いろいろと考え随分悩んでいましたが、最後には
「校舎をもう一つ増やす」
と決めました。大手予備校なので付近にはいくつか校舎があり、別校舎の受講も認められているので問題ありません。

あとはあんなに「庭」(中学受験だった時の拠点)にこだわっていたつむぎのこと、気持ちの整理はついたのか?と思ってましたが

「そうだねー。そりゃ今の校舎で全部受けられたらよかったけれど、そうも言ってられないでしょ。」
とのこと。実にあっさり。まあ、そうですよね。


▼ 高2が楽しみ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
というわけで、高2の講座はこれでひとまず決定。
新しい校舎、新しい先生、もう一つ勉強する場が増えるわけですが、きっとあっという間になれるんだろうなと思います。楽しみです。


カテゴリ:
塾のカバンを整理していたつむぎが
「あー、そうそう、この前これもらったんだけど」
と冬期講習のお知らせ(ちらし)をヒラヒラと持ってきました。

えー、冬期講習?
これもらったのって、たぶん9月だよね?
もう決めなきゃいけないの?

この前まで8月だったのに。夏休みだったのに。あんなに暑かったのに。
「冬」
という言葉の響きに、驚きをかくせません。


▼ 10/1時点の状況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページに特に記載なし。

駿台
情報あり。
一般生の受付は10/13(土)から。

河合塾
情報あり。
近畿地区の優先申込(一般申込に先行して申し込める制度)は10/5(金)18時まで。

研伸館
情報あり。
申込締切は各ターム開始日の3日前 19:30まで。


調べればどんどん見つかりそうです。
塾・予備校業界の動きとしては、そんなに早いというわけではないのですね。


▼ 気持ちがついていかない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
冬期講習、申し込もうと思えばできる(一部除く)という状況にありながら、現時点(10月上旬)ではまったく冬休みのことが想像できません。

冬休みには高校で講習もあるでしょうし(日程はまだ提示されていない)、つむぎの場合は抜歯入院も控えている。
なにより、目の前にある高校生活(文化祭やら体育祭やらといった楽しい行事や、定期考査や模試といった避けられない現実・・・)で頭がいっぱいで、まだ先のことは想定できていない様子。


▼ 焦りは禁物。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これは中学受験の頃も同じですが、親が先に
「こうした方がいいのかも」
という情報に出会ってしまうと、それを知らずに生活している娘の様子に対し

「ねぇ、そんなにのん気で大丈夫?みんな、もっと早くからやってるかもしれないよ」

と勝手に焦ってしまう(時に、突然強めの注意をしてしまう)という困った行動を起こしがちです。

知っていること・すでにわかっていることを放置しているのだったら問題ですが、知らないことなのだから行動しようがない。今のところ、つむぎには非はないわけです。

わかっていながらも、勝手に焦っちゃうんですよね。


▼ 11月には決めようかな
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しばらくは情報収集(比較検討の材料あつめ)をのんびり行うことにして、11月中には決定という方向で動こうかなと思います。
年末は抜歯入院があるので、参加できないかもしれません。(こういうこともあるから、受験が本格化する前に治療した方がいいのかもしれません)

大切なのは、得た情報をできるだけ早くつむぎ本人にフィードバックするということなのかなと思います。




↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×