タグ

タグ:私立中学

カテゴリ:

私立校のメリットに「充実の蔵書量」というものがあります。

すべての学校がそうだとはいいませんが、学校見学をしていた頃、たいていの学校で
「我が校の図書館は、蔵書数が大変充実していまして…」
と言われたことを思い出します。

現在通っている学校ももちろんその一つで、この学校に通ったら、本読み放題だ!とつむぎもワクワクしていました。


ところが入学後、つむぎの様子をみていると、それほど図書館を利用していない様子。小学校の時には図書室にしょっちゅう顔を出していたと司書の先生から言われていたので、様子が変です。

「ねえ。せっかく大きな図書室あるんだから、行ってきたら?」
「うーん」
「中学生向けとか、高校生向けとか、今の自分たちにあった本がいっぱいあると思うよ」
「そだねー」

あんまり気乗りしない様子。

つむぎは本の虫なので、読書をしないわけではないのです。
むしろ本屋さんを見つけると父親の手を引っ張っていき、上手におねだりしている様子。文庫本だったら2日に一冊ペースで読み上げます。読むのは早い方だと思います。

一方、母親である私は、図書委員に立候補するくらい図書館が好きでした。
あんなにたくさんの本がある夢のような場所なのに、どうしていかさないんだろう?もったいないなー。


よくよくつむぎに聞いてみると
「うーん、図書館はたしかに行きたいんだけどね。遠いんよ。」
「ん?」
「教室から遠くて、行くのが面倒。ただそれだけなんだよねー」
「え?それだけ?」
「ん。それだけ。だって、別の校舎まで行かなきゃいけないんだよ。また4階の教室まで、階段であがって戻るってけっこう大変なんだよ」
「まあ、それはわかるけど。じゃ、放課後に行くとかは?」
「靴箱に戻るのが遠い」
「あー」

つまりは、図書館までの導線が悪いのです。

図書館は別棟にあり、わざわざ借りに行くという手間が発生。
しかも上靴で行くという決まりだそうで、下校時に寄ったとしても、また教室のある校舎の靴箱にわざわざ戻らないといけないという・・・

なんてことだ!実にもったいない!

スリッパか何かをおいて、外履で立ち寄れるようにしてくれればいいのになー。
こんど、提案してみようかしら?

カテゴリ:
つむぎのクラスでは、2月末に今年最後に席替えが行われます。
「わー、どこになるんだろ?」
と家に帰ってまで話してくるので、かなり重要なことのようです。

「つむぎって、いつも『いい席に当たった』って喜んでかえって来るでしょ?」
「あ、そうかも。これまでめっちゃ嫌な席だったっていうのはないな」
「それでも、ドキドキするん?」
「うん。席替えって大事。席ってめっちゃ重要!」

 私自身が中学生だった頃の記憶では
・確かに一番前の席は嫌だった。
 ・特に一番角の席。音読にしても、最初に当てられる確率が高く、ぼんやりできない。
・教卓の目の前(1番前の真ん中)は、先生の死角になるから実は穴場。
・廊下側は暗くて寒いし、窓際は日焼けしそうだし…
・後ろはいいけれど、休み時間にゆっくりできないしな。
という感じでした。

どの席になっても、いちゃもんをつけちゃうお年頃なんですね(苦笑)


 つむぎは対先生についてはどこでもいいと考えているようで、大切なのは前後左右の友達。
 授業中にしゃべるわけではないけれど、休み時間を考えると、めっちゃ仲のいい友達に囲まれておきたい様子。

それから、授業中は集中したいので、できれば私語をしない友達に囲まれていたいとのこと。
「授業中に話しかけられると、気が散ってしまうからなー」
なるほどね!

仲良しの友達が隣にいるだけで、学校が楽しくなるそうです。


中学校生活もあと1ヶ月。
せっかくなので、いいくじがあたるといいなと思います。

カテゴリ:

中学校学習指導容量で必修とされている武道・ダンスの授業。

つむぎの通う女子校ももちろん例外ではなく、柔道の授業がありました。

自宅でぼんやりしていると、たまに柔道技をかけてくるので困ります。
私は受身が取れないんだから、足をすくわないで!


ダンスは通年授業があり、たまに習ってきたステップを自宅で披露してくれます。
(恥ずかしいのか、父がまだ帰ってこない時間帯に見て見て!と言ってくる…)

つむぎのダンスをみていると、時々
(あれ?このステップ知ってるぞ)
と思うことがあります。

つむぎの前で軽く踊ってみると
「わー、お母さんなんで知ってるん?」
とびっくりされることがあります。

私とつむぎ、年齢差27。
私も中高一貫の女子校出身。週1回、ダンスの授業がありました。
27年の時を超え、同じステップを娘が踊っているということなんですよね?びっくり!

思わぬ共通点に、親子で笑ってしまったできごとでした。

カテゴリ:

毎日、学校から出される宿題。
学校によって、その量は様々です。

「え?1日でこんなにやるの?」
とびっくりしてしまうような教科もあり、これらが時間割で重ってしまうと、夜遅くまで宿題に追われることになります。

つむぎたちは
「なんでこんな時間割なん?偏りすぎやわ」
とプンプン怒っていますが、これは仕方がないこと。

体育会系の部活や、塾や習い事…
放課後は動かせない予定も多いので、大変だなと思います。


宿題が多い方がいいのか、少ない方がいいのかの正解はわかりません。

大学受験のことを考えると、テストや宿題はしっかりとやらせてもらった方がいい。
がむしゃらに量をこなすことがベストとは思わないけれど、ある程度、勉強をしなければならない環境があった方がいいと思います。

けれど、睡眠不足になるほどに宿題が重なったりすると、これって終えることに精一杯で、頭に入っていないんだろうな…と思ってしまうのです。


大学受験がもう少し身近なものになって、どうしても勝ちぬきたい目標になったとき、宿題に対する取り組み方も変わるのかなと思います。

それまでは悩むだけなのかな?

カテゴリ:

中学には、ずっと優秀な成績(順位)をキープしている子もいれば、テストのたびに変動する波があるタイプの子もいます。

つむぎは後者で、楽しく勉強できる好きな教科はあるのですが、この教科が得意だ!得点源にできる!と言えるものは見つかっていません。


同じ入試を通過してきたもの同士、入学時の学力レベルは大差ない思います。

以前、姉妹ブログに書きましたが、入学直後に校内で行われる実力テストで、ある程度のイメージづけがされてしまうことは仕方がないとは思いますが、変動していくものですからプレッシャーに感じることはありません。

◎参考
[関西]カスタマイズ中学受験 〜最難関にこだわなかった私達の場合〜
2015年6月18日記事
「立ち位置」それはわかるけれど・・・
 ↑ クリックしてごらんください



優秀な成績をキープしているお友達の様子をきいていると、こんな共通点が見えてきました。
(残念ながらつむぎの例ではありません)

※注意※
あくまでつむぎの友達の例ですので、すべてに当てはまるわけではない点、ご了承ください。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1)負けず嫌い
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
自分の得点や順位を隠したり、謙遜したりすることはない。
思うような成績が残せなかった時は、悔しさを前面に出す。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2)面倒見がよい
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
どんな勉強をしているか、聞けばすぐに教えてくれる。隠さない。
テスト対策のために工夫してつくったノートや暗記教材を、惜しげなくプリントして配ってくれる。
欠席者には、自分のノートをコピーして渡してくれる。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3)部活動に熱心
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対外試合やコンクールがあるような部活動に入っている。
活動日が毎日という部活ばかりではないけれど、勉強のために部活に入らないという考えはない様子。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
4)兄・姉がいる
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
あくまでまわりの傾向として、です。
つむぎは一人っ子なので、こればっかりはどうしようもないのですが…
大学受験に向けての道筋が見えている方が有利ということかな?と想像。(わかりません)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
5)塾の有無は関係なし
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
中学生のうちは、自宅オンリー・塾活用、いろんなパターンがある様子。
どちらがいいとも言えないんだなという印象。


私たちも手探りですが、遅れをとらないようにがんばってほしいなと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×