カテゴリ:
okane_s
国立大学、公立大学、私立大学、どこを目指すのかはいずれ現実のものとして、決めていかなければならない問題です。

つむぎには中学の頃から
「中高が私立だからさ、大学は国公立にしてほしいなあ」
と伝えていて、彼女も一応それを了解してくれています。

もちろん、教育費がその希望に大きく関わっています。


日本政策金融公庫が行った教育費負担の実態調査(調査期間:平成29年9月22日〜10月2日)によると、

高校卒業後、卒業までに必要な入在学費用は
・国公立大学: 741.3万円
・私立文系 : 976.2万円
・私立理系 : 1,045.9万円
となっていました。

文系、理系はともかく、国公立・私立だけで比べてみても
「国公立大学」
だとありがたい!と思ってしまうのはご理解いただけるとおもいます。

つむぎが高校で所属しているのが国公立大学推奨クラスのため、基本、クラスメイトはみな国公立志望。
自然と「私も国公立を目指さなきゃな」という気持ちになっているようです。


ただ、大学受験はまだまだずっと先のことだから、と考えていた中学時代とはちがい、高校生になった今、具体的に大学の条件をあげていくというのは繊細な問題です。

将来のこと、学問のこと、そして成績のこと。
いろんな要素がからみあって、志望大学を固めていくのでしょう。

親の希望を強く主張しすぎるのは違う気がします。

国立大学に行ってくれればなあ、と本音では思いつつ、つむぎ本人の心の動きにも注意を払っていかなければと思います。


↓応援いただけると、励みになります!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村