タグ

タグ:高校

からの続きです。

学校と塾との両立で、体力がついていかなくなってしまったつむぎ。
原因の一つには、通学に時間がかかっているということもありました。

つむぎは高校まで
バス → 電車 → 電車 →徒歩 という交通手段で通っています。

バスも電車(2つ)もいつも混雑していて、滅多に座ることができません。
しかも高校の教材は重い・・・
高校の最寄駅からの徒歩も距離があるため、雨で傘をさす日はとても大変なのだそうです。

きちんと理解(覚悟)した上で入学を決めたことではありましたが、
塾に通うということまでは想定できていませんでした。

学校帰りに塾によることになれば、帰宅が遅くなるのは想像できましたが
塾のテキストが増えることで、通学の負担は想定以上。
これらがジワジワとつむぎの生活を圧迫しはじめたのです。


▼ みんなやっているよ、って大切なことなの?
----------------------------------------
つむぎ、もうこれ以上がんばるのは無理じゃないの?

私が声をかけたとき、つむぎは「いや、やれる」と言いました。

みんな学校帰りに通ってる。
私だけ両立できないなんておかしい。
おいていかれるのは嫌だ。と。

けれど、
「みんなって何?」

話しあっているうちに、つむぎも私も、そして彼(つむぎの父)も、
私たちはへんなことで悩んでいるのではないか?と思ってきました。


▼ 学校は寝るところではないはず
----------------------------------------
授業で寝てしまう子供がいる、という話は、知り合いからもメディアからもよく聞きます。
自分たちが高校生だった頃も、そんな姿を見ましたし、友達からも聞いていました。

(当たり前ではありますが)つむぎはどんなに眠くても、学校の授業などでは一切眠りません。
本人の自己申告でもありますし、学校の先生からも、他の子がだらけている中、きちんと頭をあげて聞いていると言われます。

つむぎに聞くと
「部活とか塾とかでクタクタで、ついつい寝ちゃうらしいよ」
と言います。

さらに
「私は起きて、きちんと授業を受けているのに、それでも点数で負けてしまうことがある。本当にくやしい。塾を優先した方がいいのかな。」
と悩むこともあるようです。

それは悔しいだろうな。
なんで?って思うんだろうな。

授業は聞いているだけでは身につかない。
だから集中して聞いているだけではダメだということはよくわかります。

だからといって、授業をないがしろにしていいとはどうしても思えないのです。

塾の方が実践的だから、授業中は寝ていてもかまわない。
それをどうしてもOKとは思えません。

私は要領が悪いのでしょうか?
考え方が甘すぎるのでしょうか?

まだまだ続きます!

最近のつむぎは、授業のはじめや終わり、朝礼の前などにやる「小テスト」が絶好調です。
点数がいい時には自ら持ってきて見せてくれます。

「おー。すごいやん!」
「けっこう難しいの、解いてるんやな。」

つむぎは彼(つむぎの父)から褒められている時、とてもイキイキしています。


▼ どうして点数があがったの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年末までは、小テスト含むあらゆるテストで苦戦をしいられていたつむぎ。
年末の面談で先生からハッパをかけられたからといって、勉強時間を急激に増やした感じもしませんし、点数があがってきた理由がよくわかりません。

「そりゃもう、ちゃんと勉強してるから」

とつむぎは言うのですが、本当かな?



▼ 心当たりがあるとすれば
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
勉強時間はむしろ増やしたというより、短くなってきている気がします。
ただ、その時の勉強に向かう姿勢がこれまでと違います。

ギュギュ〜っと集中してカリカリ・・・いや。ガリガリとペンを走らせて、とても集中しているのがわかります。50分くらいで「休憩!」といって手を止めてしまうことも多いのですが、短い時間に集中してやっているのがわかります。



▼ 暗記は寝る前に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
集中できる時間帯に勉強することも心がけているようです。
暗記モノは寝る前に集中して復習。翌朝までの定着を期待して、この時間をつかっています。



▼ 時間と結果は比例しない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やればやるだけ伸びる、というところが勉強には確かにあります。
けれど、それが全てではありません。

つむぎには「なるべく短時間で集中して。効率よく」と伝えています。

短時間、集中型のつむぎ。小テストでやった勉強を定期テストの前に見直して、
しっかりと点を重ね、自信をつけていって欲しいなと思います。

カテゴリ:
定期考査真っ最中のつむぎが

「どうしよう。この問題、全然わからん」
と泣き顔でやってきました。

あー。化学かあ・・・。


聞けば、授業の時もなんとなくわかったようなわからないような・・・で、
そのままにしてしまったとのこと。

曖昧だったことをすっかり忘れ、
他の教科に気をとられているうちに、テスト前日。
もう間に合わないと焦っているみたいです。


▼ 焦るきもち、わかります
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
せっぱつまった時、どうしたらいいのかわからなくなって
涙がポロポロ出てしまいます。

つむぎもきっとそんな気分。

私に話して、解決策を教えて欲しいの?

いや、きっと違うな。
そうかそうかと聞いて欲しいんだろう。
そう判断することにしました。

よし、吐きだせ、吐きだせ・・・


▼ 睡眠で回復させるしかない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、仕事をしながら思うのですが
睡眠不足の日は頭もまわらないし、
ナーバスになりがち。

けれど、

たっぷりと眠って気持ち良く起きた日は
なんの準備もしていなくても、事がうまく運んだり

「なんとかなるんちゃう?」
とおおらかな気分になれたりして、

結果、ラッキーなことが多かった1日になっていたりします。

睡眠って大事ですよね。


▼ つむぎよ、寝るんだ、寝るしかない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
というわけで、半ば強引に眠らせることに。

本人は
「他の教科も最後の追い込みしたいのに・・・」
とかなり嫌がっていましたが

勉強できていないなりに、頭に入れた知識を最大限に引き出すために
しっかり眠ってもらいます。


テスト終わったら、今日の焦りを忘れちゃうなんてことしないでね。
反省はしっかりするように!


カテゴリ:
制服のある中高一貫校に通っているつむぎ。
入学から卒業まで、6年間同じデザインの制服を着ます。

入学時、長く着ることができるようにと、制服屋さんのアドバイスにそって少し大き目を購入しました。これは大正解。するすると身長が伸びましたが、高1の今まで問題なく着ることができました。

ただ、いよいよ制服の寿命がやってきたようです。
お疲れ様、冬服。今までありがとう!


▼ 平均的な制服の寿命とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
保護者のグループLINEでは、制服の話でたびたび盛り上がっています。
やれどこどこが破れただの、どうやって注文した?だの、情報交換が盛んです。

高校入学時に新調したご家庭と、冬服に切り替わる高1の秋に新調するご家庭と2分されているように思います。このことから、制服の寿命は約3年という感じでしょうね。


▼ 制服の傷み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
制服は、百貨店の名前が入っているものですので品質は悪くないはずなのですが、3年も着ていると傷んできます。

多いのは「破れ」です。革鞄が当たってしまう部分は、擦れてもれなく破れてしまいます。
カバンを肩からどちら側にかけているかによって、左右、どちら側が破れるかが決まるんですね。
仕方がないのかなあ・・・うーん。。。


▼ 制服買い替えについてのアナウンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つむぎの学校では、特に連絡はありませんでした。
購買部にたびたび制服屋さんが来られているそうなのですが、親がその情報を得られることはないので、
「え?どこに買いに行ったらいいの?」
とオロオロします。

こういうとき、威力を発するのが「親同士のつながり」。
仲のいい友達を作っておくと、情報を得やすくなるので助かります。


▼ 大切に使ってね!お願い!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
制服は私立の学校に限ったものではありませんが、なかなか高価なものなので、できるだけ丁寧に長く着てほしいというのが親としての願いです。

女子校に通うつむぎやお友達は、制服の破れについて深く考えていないようなのですが(異性の目がないからなのかな)、親としてはやっぱり気になるもの。学校帰りに塾に通うようになり、他校の生徒さんたちと同じ教室で学ぶようになると、余計に気にしてしまいます。
4月に入学したばかりの他校の生徒さんたちは、制服がキレイですから・・・

というわけで。
思い切って新調することになった制服。
受験までの学びをともに過ごす相棒として、大切に使ってほしいです!


↓よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログ 中高一貫高校生へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×